ルーミーの外寸や外装をライバル車と比較!機械式駐車場は停めれる?

ルーミーの外寸や外装をライバル車と比較!機械式駐車場は停めれる?

5人乗りミニバンとして大人気のトヨタ・ルーミー。

人気が高いという事はそれだけ多くの人が乗っているという事ですよね。

なるべく自分だけの車にしたい!個性を出したい!
でも、そんなに派手なのはちょっと・・・。

というこだわり派も多いはず。

トヨタ・ルーミーの公表されている外寸や外装、そして実際に使用してみて、一般の駐車場に駐車は可能?

更には、外装のオプションパーツをまとめました。

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーの外寸、外装、横幅、長さ、車高のカタログまとめ!

引用:https://toyota.jp/roomy/

気になるのが、トヨタ・ルーミーの外寸、外装、横幅、車高ではないでしょうか?

外寸、外装や横幅、車高だけなら公式サイトを見れば載っていますのでここでは、他の車と比較したサイズについてもまとめました。

まずトヨタ・ルーミーのカタログサイズになります。

全長 3,725mm、全幅 1,670mm、全高 1,735mm

となります。

そして室内の長さ(室内長)ですが2,180mmとなります。

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーなどの5人乗りミニバンは、室内空間の広さもアピールポイントになっています。

しかし数値だけ見ると広いのか狭いのかわからないですよね。

ルーミー同様の他社の類似車との比較をしてみたいと思います。

関連記事:ルーミーで車中泊は可能か?実際泊まってみたレポート紹介!

ルーミーの外寸、外装、横幅、長さ、車高をライバル車と比較してみた

引用:https://toyota.jp/roomy/

トヨタ・ルーミーとほぼ同じ車種である、『トヨタ・タンク』『スバル・ジャスティ』『ダイハツ・トール』『スズキ・ソリオ』

については、別で詳しく比較をしていますので、ここでは似た大きさの軽自動車と比較をしたいと思います。

関連記事:【トヨタ・ルーミー】VS【トヨタ・タンク】違いを比較
関連記事:【トヨタ・ルーミー】VS【ジャスティ】を比較
関連記事:【トヨタ・ルーミー】VS【トール】を比較
関連記事:【トヨタ・ルーミー】VS【ソリオ】を比較

 

実際に見た目はほとんど同じ車になりますので、比較をしたいところですよね!

スズキ・スペーシアとの比較

http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

やはりトヨタ・ルーミーのような5人乗りミニバンを検討している時に悩むのが、軽自動車ではないでしょうか?

今や軽自動車でも結構大きなスペースのある車も多く、尚且つ税金などの維持費を考えると・・・・。

という事で、どちらにしようか悩む人も多いと思います。

そんな軽自動車の中でも、室内スペースが広いことで有名なスズキ・スペーシアと比較をしてみました。

まずスズキ・スペーシアのカタログサイズはこちらです。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,785mm

室内寸法
長さ 2,155mm
幅  1,345mm
高さ 1,410mm

http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

これだけだと比較が難しいので、トヨタ・ルーミーの外寸、外装と比較をしました。

ルーミー スペーシア 比較優位
全長 3,725mm 3,395mm ルーミー
全幅 1,670mm 1,475mm ルーミー
全高 1,735mm 1,785mm スペーシア
室内(長さ) 2,180mm 2,155mm ルーミー
室内(幅) 1,480mm 1,345mm ルーミー
室内(高さ) 1,355mm 1,410mm スペーシア

 

とにかく、トヨタ・ルーミーの特徴としては、室内空間の幅ではないでしょうか?

実際に私もスペーシアとルーミーの両方を試乗してみたのですが、後ろに座った時の隣との近さは圧倒的に違いました。

もちろんスペーシアも今までの軽自動車を考えると断然広かったです。

特にスペーシアの天井の高さには驚きましたね!

ただ、シートの硬さや、運転している時の安定感はトヨタ・ルーミーに軍配が上がる感じでした。

http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

そして私自身が実際にトヨタ・ルーミーに決め手となったのは

後部座席の横の広さと、全体的な安定感(安全性)でした。

やはり普通車と軽自動車との大きな違いにはなるのですが、万が一事故にあってしまった時に、家族を守れる可能性が高い方という視点で考えた時に、普通車の安全性には勝てないなと思いました。

自分だけでなく、妻も子供を乗せて運転すると考えた時に何が起きてもおかしくないので、安全面を重視しました。

 

関連記事:ルーミーとフリードの違いを比較!

関連記事:ルーミーとヴィッツを比較!

ルーミーは機械式駐車場に駐車はできる?

引用:https://toyota.jp/roomy/

都内になると多くみかける機械式駐車場ですが、トヨタ・ルーミーは機械式駐車場を使用できるのでしょうか?

結論からいうと無理な場合が多いです。

トヨタ・ルーミーの横幅などは大丈夫なのですが、問題は高さです。

トヨタ・ルーミーは全高1,735mmもありますので、基本的な機械式駐車場は諦めた方がいいいいかと思います。

ちなみに機械式駐車場は主流の高さが1,550mmになります。

なので無理に止めてしまって屋根をつぶしてしまうなんてことがないように注意が必要ですね。

万が一、機械式駐車場で事故を起こした場合は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

万が一、高さ制限に気づかず機械式駐車場を使用して屋根を破損してしまったなんていいう場合は責任はどうなるのでしょうか?

基本的にサイズの制限はどの駐車場には記載をしてありますので、それをしっかり見なかった本人の自己責任となります。

まあ当然といえば当然ですよね。

また、場合によっては駐車場を壊したという事で逆に請求をされる可能性もありますので、注意した方がいいでですね!

基本的には平面駐車場を使用

基本的には平面の駐車場を使用でも全く問題ないかと思います。

私も機械式が使えなかったといって苦労した記憶はほとんどないぐらい平面駐車場で問題はありませんでした。

ルーミーの外装,や外装パーツオプションは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

トヨタ・ルーミーは大人気の車だけに外装も気になりますよね。

基本的にはファミリーカーとして使用をしている人もやはり車だからこそ、見た目も重視したいという人も多かったり売れている車だからこそ、少しでも外装を変えて、他の人と差をつけてみたいなんていう人もいると思います。

まず基本的なトヨタ・ルーミーの外装になります。

引用:https://toyota.jp/roomy/

 

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

結構、細かい部分にもこだわりがあり、私も購入してから気づいた部分も多かったですね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

個人的にはフロントバンパーの重厚感が気に入っています。

そして、少し差をつけたいという人にはメーカーのオプションも結構いいのがあるのでお勧めです。

部分的なパーツとしてお勧めなのが、フロントのメッキになります。

メッキにするかしないかだけでも全然インパクトが違ってきます。

引用:https://toyota.jp/roomy/

 

引用:https://toyota.jp/roomy/

カタログや写真だけだと中々イメージがつきにくいのですが実際に見てみると、かなり重厚感がアップしますよ。

またカスタムというと若い人がやるっものっていうイメージももっている人も多いかと思いますが、意外と中高年層でもこういったメッキなどのカスタムをしている人も多いです。

また、多く売れている車だからこそちょっとだけ差をつけたいという人にはお勧めになります。

関連記事:ルーミーのモデリスタを写真で仕様価格まで紹介!

トヨタ純正カスタム

そしてトヨタの特徴でもあるカスタムもいくつかありますね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

これも購入時にしか変更はできないのですが、かなりのインパクトです。

 

関連記事:【トヨタ・ルーミー】人気のオプション装備パーツ、おすすめ売れ筋ナビはこれだ!

 

ある程度、外装パーツが決まっていて、それを新車制作時に作ってくれるのですが、やはりトヨタでやっているだけに失敗は無いのが特徴ですね。

とにかくイカつくしたい人向けや、高級感を出したいという人スポーティにしたい人、スタイリッシュにしたい人様々な願いをかなえてくれるカスタムになります。

私も購入時には全然興味がなかったのですが、ディーラーで勧められてやってみましたが、本当にやってよかったと思います。

もちろん、ノーマルが好きという人もいるので、好みは人それぞれですがちょっとさをつけたいという人には絶対にお勧めです。

またその他にもトヨタ純正以外にも外部での外装パーツが多く発売をされています。

純正のカスタムではなく、とにかく個性的なカスタムをしたいという人や、どこにも無い、自分だけのトヨタ・ルーミーにしたいという人は探してみても面白いかもしてないですね。

ただ、家族で使用をするという人は、家族の意見もしっかり聞いてから選ばないと、後でトラブルになるかもしれないので、注意ですね!

>>愛車の最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<

この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<