ルーミー、マイナーチェンジ時期(モデルチェンジ時期)予想(結果)&特別仕様車情報!

あなたの愛車を最高額売るためには

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

2016年11月に発売されてから、人気が落ちることなく好調な売上を見せているトヨタ・ルーミーですが、新車を購入の際に気になるのが、マイナーチェンジ(モデルチェンジ)です。

トヨタ・ルーミーのマイナーチェンジ(モデルチェンジ)時期の予想やマイナーチェンジ(モデルチェンジ)の内容についてまとめました。

また、マイナーチェンジと同時に発売された特別仕様車についても追記でまとめています。

スポンサーリンク

ルーミー、フルモデルチェンジとマイナーチェンジは何が違う?

引用:https://toyota.jp/roomy/

新車を購入しようと考えている時に実はこのマイナーチェンジ(モデルチェンジ)の情報って結構重要になります。

中には新車の購入が決まってからマイナーチェンジ(モデルチェンジ)をすることを知って、もう少し遅く購入すればよかったなんていう後悔をする人も多くいるようです。

マイナーチェンジ(モデルチェンジ)という事は、それなりに車が進化するわけですからより良くなるということです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

まあ中には外観のマイナーチェンジ(モデルチェンジ)の結果、一つ前の型の方が良かったとなるケースもよくありますが、マイナーチェンジ(モデルチェンジ)をするという事は、何かしらの変化があるわけですので、その情報は知っておいたほうがいいにこしたことはありません。

その中でもよく耳にするのが、フルモデルチェンジとマイナーチェンジです。

車が好きな人にとっては当たり前に使っている言葉になりますが、実は意外とフルモデルチェンジとマイナーチェンジの違いを知らない人も多いものです。

ではフルモデルチェンジとマイナーチェンジの違いはなんなのでしょうか?

フルモデルチェンジとは?

まずフルモデルチェンジとは、デザインや機能全ては変わることが多いです。

また正式な届け出に使用する車の型式も名前が変わることも多いです。

デザインについては、やはり個々の好みが分かれるところですので、フルモデルチェンジをしたからといって、必ずしも好みにデザインになるとは限りません。

トヨタも多くの車でフルモデルチェンジを行ってきましたが、やはり好みが人それぞれ違うのか、毎回フルモデルチェンジ後には良い意見と悪い意見とで分かれますよね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

マイナーチェンジとは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

マイナーチェンジとは、一般的には一部の改良になります。

よく言われるのはフルモデルチェンジまでの繋ぎのチェンジとも言われていますが、大幅な変更はなく、少し機能が追加されたり、外観が一部変更になったりします。

また多くの車でマイナーチェンジのタイミングで安全性能が強化されています。

引用:https://toyota.jp/roomy/

一昔前と比較をすると、車の安全性能はどんどんと強化されていますよね。

安全性能が強化されて困る人はほとんどいなく、嬉しい変化にもなります。

その他モデルチェンジ情報

引用:https://toyota.jp/roomy/

大きく分けるとフルモデルチェンジとマイナーチェンジになるわけですが、実際のところその2つの定義は結構曖昧になっています。

マイナーチェンジなのにここまで変えるの?

と言われるぐらいのチェンジをすることもありますし逆にフルモデルチェンジといわれる割にはそんなに変化がなかったなんてケースもあります。

それはメーカーのよってもだいぶ違います。

またそういったモデルチェンジは新化という捉え方だけでなく売上が伸び悩んで販売を辞めるかどうかを悩む車の最後のあがきとして行われる場合もあります。

実際にモデルチェンジをしたことによって、売上が大幅に伸びるケースや、逆に人気が一気に落ちてしまうケースもあります。

参考:ルーミーのグレードの違いは何?

スポンサーリンク

ルーミーのマイナーチェンジ(モデルチェンジ)情報はある?

では気になるトヨタ・ルーミーのマイナーチェンジ(モデルチェンジ)情報はあるのでしょうか?

なんと現在の予想として2018年11月にマイナーチェンジがあるとの予想があります。

2018年11月1日にマイナーチェンジがされました!

トヨタ・ルーミーのマイナーチェンジ内容は??

では気になるマイナーチェンジに内容についてですが、残念ながら外観の変更はない予想です。

今回の変更は機能面の変更ですね。

現在予想されているのは安全装備の充実になります。

現行のトヨタ・ルーミーでは、スマートアシストⅢという安全装備があります。
それが予想ではスマートアシストⅢになるのではないかと言われています。

実際に予想されていたスマートアシストⅢが追加されました。

スマートアシストについて詳しく説明すると、スマートアシスト2では歩行者に対しての自動ブレーキ機能がありません。

警笛による機能までだったのですが、スマートアシスト3になることでこの自動ブレーキ機能がつくことになります。

その他、スマートアシスト3の機能としては、

・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

などがあります。

どちらかというと相手を守る機能が備わったという感じになりますね。
※上記機能はスマートアシスト2にある機能もあります。

上記の安全性能の機能がわかりやすい動画もあります。

①衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

②誤発進抑制制御機能(前方・後方)

③車線逸脱警報機能

➃オートハイビーム

➄先行車発進お知らせ機能

自分自身や、一緒に乗っている人を守る機能ももちろん大切ですが、歩行者や、違った車への事故の人生を変えてしまいますよね。

そういった意味では、安全機能の充実は万が一の時に助かりますよね。

※Xグレードには装着されていません。

参考:ルーミーの安全性能はどのぐらいなの?

 

あなたの愛車が最高額で売れる!

⇒愛車の最高額を無料で確認する⇐

ルーミーのフルモデルチェンジ予想はいつ?

引用:https://toyota.jp/roomy/

あくまでも平均にはありますが、大体4年~6年でフルモデルチェンジをすることが多いです。

ルーミーの発売からちょうど2年経過した時期にマイナーチェンジのが行われました。

そう考えるとルーミーのフルモデルチェンジは2020年~2022年になるのではないかと予想されます。

だいぶ先にはなってしまいますが、現在乗っている車の車検の時期に合わせて車の買い替えを考えている人は、もしタイミングが合えばフルモデルチェンジの時期を狙ってみるのもいいかもしれないですね!!

またディーラーは最新の情報を得ていることが多いので、購入時期が近くなりそうなタイミングで頻繁に聞いてみるのもいいかもしれません。

参考:ルーミーの運転性能は良い?悪い?

スポンサーリンク

ルーミーのフルモデルチェンジの内容予想は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーのフルモデルチェンジの時期の予想が2020年~2022年でしたが、どんなフルモデルチェンジが行われるのかの予想や噂が多くあります。

あくまでも噂になりますが現在ある予想や噂をまとめました。

ルーミーフルモデルチェンジ内容予想①デザイン

引用:https://toyota.jp/roomy/

これは多くの人が期待をしている内容になりますが、デザインの大幅な変更が予想として挙がっています。

現在はダイハツ・トール、スバル・ジャスティ、スズキ・ソリオ、トヨタ・タンクと外観がそっくりな車が多く存在します。

そこでフルモデルチェンジをきっかけに何か変化があるのではないかと思われます。

旧型のbBに寄せてくるのか、または奇抜なデザインで来るのかは多くのファンかから期待が寄せられます。

参考:ルーミーとbBの違いはなに?

ルーミーフルモデルチェンジ内容予想②ハイブリッド化

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーのハイブリッド化も非常に多くの噂があります。

確かに類似車としてのスズキ・ソリオがハイブリッドをあれだけ全面にアピールしているだけに、ルーミーもそろそろハイブリッド化をしてもいいかと思います。

世の中の流れとしても電気自動車の時代が近づいているだけに、おそらく高い可能性でハイブリッド化がするのではないかと予想されます。

現在多くの予想があるのは以上の2点になります。

それ以外にも細かいモデルチェンジはあるかと思いますので、楽しみですね。

参考:ルーミーとソリオを比較!燃費や大きさの違いは?

ルーミーのフルモデルチェンジ・マイナーチェンジ前後で値引きは可能??

引用:https://toyota.jp/roomy/

フルモデルチェンジやマイナーチェンジの前後で気になるのが値引きです。

パソコンや家電でいえば、新しい型が発売されると、一つ前の型は大幅に値下げが始まりまして、お得に買うことができますよね。

では車の場合はどうでしょうか?

結論として影響はあります。

やはりフルモデルチェンジやマイナーチェンジで新しい型になると古い型は売れなくなります。

特に在庫を抱えている店舗にとっては、モデルチェンジ前に売りたいというのが本音になります。

よくディーラーでも、在庫一掃セールなんかをやったりもしていますが、そういった目的もあるわけですね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

どちらかというとフルモデルチェンジのタイミングでの値引きの影響が大きくなります。

一般的にはフルモデルチェンジ後の新しい車の方が価値が高い車になるので、フルモデルチェンジ前に旧型は大幅な値引きをしてくれたりすることが一般的です。

その為、狙い目としてはフルモデルチェンジの直前になります。

ただし、フルモデルチェンジでデザインや機能が気に入ったものがあると、後悔につながる可能性もありますので、それは注意をしたほうがいいですね。

参考:ルーミーの値引き相場額は?

トヨタ・ルーミーの2018年11月のマイナーチェンジ後の値引きへの影響は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

実際のところ、2018年11月のマイナーチェンジで安全性が強化されたことによりルーミーとしての価値は上がったのですが、値引きにはそこまでの影響はありませんでした。

価値が上がったとしても、そこまで大幅に安全性能が強化されたわけではなかったので、一般的には売り上げに大きな影響は出なかったようです。

今回のマイナーチェンジは安全性能の強化ということで、安全性能の強化だけで車を買い替えたいと思った人は少なかったということですね。

参考:ルーミーの値引き交渉の極意とは?

スポンサーリンク

ルーミー、モデルチェンジ予想や情報まとめ

引用:https://toyota.jp/roomy/

ここまでの内容をまとめますと、

・2018年11月にマイナーチェンジを行われた

・フルモデルチェンジの予想時期は2020年~2022年

・デザインとハイブリッド化の変更予想がある

といったことが中心でした。

マイナーチェンジは実際に行われた内容ですが、それ以外はあくまでも予想になりますので、変更になる可能性もありますが、フルモデルチェンジが楽しみですね。

【2018年11月追記】特別仕様車!新型ルーミーG“Cozy Edition”発売!

マイナーチェンジと同時に、ルーミーの特別仕様車である『G“Cozy Edition”』が発売されました。

G“Cozy Edition”についても情報をまとめていきたいと思います。

引用:https://toyota.jp/roomy/

今回発売された、G“Cozy Edition”は特別仕様車という事で、主に3つの特徴があります。

➀上質なインテリア

②外観の変更

➂運転補助機能の追加

この3つについてみていきたいと思います。

新型ルーミーG“Cozy Edition”の特徴➀上質なインテリア

どちらかというとシンプルな内装デザインが特徴であったルーミーですが、G“Cozy Edition”では、インテリア(内装)へのこだわりが強いです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

まず座席のヒーター機能が搭載されています。

これからの寒い時期には何とも嬉しい機能ですよね!

特に身体が冷えやすい人や、運転時間の長い人にとっては、非常に助かる機能になるのではないでしょうか。

また、内容の様々な部分でも通常のルーミーとは違うこだわりがあります。

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

ところどころにメッキが施され、上質なイメージがすぐにわかる感じになっています。

全体でみると、こんな感じです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

さすが特別仕様車だけあり、今までのルーミーとは違った雰囲気になりますね。

車の内装もこだわりたいという人や、友人などを乗せることが多い人には、とてもおススメの仕様になっています。

また、子供を乗せて使用することが多いという人も嬉しい機能が付いているんです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

シートが防水仕様になったり、ポケットがついたり、机がついたりと、まさに子供向けに大変嬉しい機能が満載です。

個人的には防水シートが嬉しいですよね。

ついつい子供がシートを汚さないか心配で、飲み物を車の中で飲ませるのをためらってしまったりなんてこともあったり、

ボロボロ落ちるお菓子は避けるようにしたりという経験があるという人も多いのではないでしょうか?

そんな人にも、防水仕様のシートはとても便利ですよね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

これでストレスなく、家族でのお出かけも楽しくなりますね!

新型ルーミーG“Cozy Edition”の特徴➁外観の変更

引用:https://toyota.jp/roomy/

そして外観も同様にメッキを多く使った仕様に変更をされています。

ルーミーの外観にメッキを使用することで、ちょっと上質なイメージに変わりますよね。

また色によっては、高級感だけでなく、スタイリッシュな感じになったり、イカツクなったりと、幅が広がりました。

新型ルーミーG“Cozy Edition”の特徴➂運転補助機能の追加

引用:https://toyota.jp/roomy/

そして3つ目は運転補助機能の追加になります。

バックをする際に様々な補助機能がついたため、とにかく車庫入れが楽になります。

また、小さい子供の自宅車庫での事故も多いですよね。

今回の補助機能によって、そんな事故も未然に防げる可能性が上がりました。

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

かなり多くに便利な機能や、外観の変更があったG“Cozy Edition”は、こだわりを持ちたい人から、ファミリー層まで大変嬉しい特別仕様車になりました。

特別仕様車をさらに詳しくはコチラ

 

⇒知らなきゃ損!?愛車の最高額確認はコチラ

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

愛車を最高額で売り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

1社だけの査定だと比較業者がいないので
最安値の買取額が掲示されることもあり
あなたが損をする可能性も⁉

だから絶対に一括査定で業者同士に
競ってもらう事で買取価格も上がるのです!

スマホOK♪ 入力45秒♪ 査定無料♪♪

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

スポンサーリンク