ルーミーとヴィッツを比較!どっちがいい?燃費、価格、加速まで徹底比較!

ルーミーと比較

車を高く売りたいなら『中古車オークション』が絶対お得!

まだ一括査定で売ろうとしているの?

しつこい営業電話一切なし!

連絡はセルカからのみ!

申し込みもとにかく簡単!



査定は1回のみで最大6000社が値付け!

車のオークション。

だから一番高く売れる。

↓↓査定を試してみる↓↓

>>公式ホームページ<<

ルーミーとヴィッツを比較!どっちがいい?燃費、価格、加速まで徹底比較!

トヨタの人気車種であるルーミー。

また長年トヨタの人気を支えてきたヴィッツ。

家族ができて、ヴィッツからルーミーに乗り換える人も多いようです。

乗り換えを考えている人も、これから新しい車を探している人も、ルーミーとヴィッツの違いが分かりやすいようにまとめました。

実際のところ、価格、燃費、大きさ、安全性能、加速はどう違うのか。

徹底的に比較をしました。

スポンサーリンク

ルーミーとヴィッツを比較!価格はどれだけ違う?

引用:https://toyota.jp/vitz/

まず車の購入の際に最初に気になるのが、価格ではないでしょうか。

いくらほしい車でも価格が自分の収入と合わなければ購入を断念したり、ローンを検討したりしないといけなくなります。

また、ヴィッツから新しい車に乗り換えようと考えていたり、逆に大きい車が必要なくなったからヴィッツのようなコンパクトな車に乗り換えたいと考える時もあります。

そんな時も価格に見合う価値がその車にあるかどうかも重要です。

では、ルーミーとヴィッツの価格を比較していきます。

新車価格は?

まずは新車価格からです。

ルーミーとヴィッツではどのぐらい価格の差があるのか比較をしました。

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆ルーミーの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
カスタムG-T (ターボ) 2,002,000円
カスタムG 1,870,000円 2,046,000円
G-T (ターボ) 1,837,000円
G 1,716,000円 1,892,000円
X“S” 1,556,500円 1,732,500円
X 1,490,500円 1,666,500円
G”Cozy Edition” 1,762,200円 1,938,200円

グレードによって本体価格も大きな差がありますが、一番低い価格と一番高い価格で

約149万円~200万円となります。

一番下のグレードでは、比較的想像よりも安かったという人が多いみたいです。

引用:https://toyota.jp/vitz/

◆ヴィッツの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID F“Safety Edition Ⅲ” 1,936,000円
F“Safety Edition Ⅲ” 1,599,400円 1,742,400円
F “Safety Edition Ⅲ” ※1.0L 1,411,300円
HYBRID F“Amie” 2,044,900円
F“Amie” ※1.3L 1,758,900円 1,868,900円
F“Amie” ※1.0L 1,541,100円
U/U“Sportyパッケージ” 1,977,800円
HYBRID F 1,853,500円
Jewela ※1.3L 1,723,700円 1,833,700円
Jewela ※1.0L 1,556,500円
HYBRID GR SPORT 2,361,700円
GR SPORT 2,115,300円

※グレード数が多いため、一部のグレードを載せています。

ヴィッツはハイブリッドを展開していたり、エンジンの大きさが1.5Lと1.3L、1.0Lもある為、とにかく多くのグレードが存在します。

それに合わせて価格も大きく違いがあるのですが、表にも載せていない更に安いグレードも合せて平均すると

約140万円~240万円

になります。

価格帯についてハイブリッドもあるので、なかなかルーミーとヴィッツの比較は難しいのです。

全体的にみるとヴィッツの方がやや高い価格設定になっています。

引用:https://toyota.jp/vitz/

ヴィッツからルーミーに乗り換えたいという場合は、グレードなども少ないのでそこまで選ぶのに問題ないのです。

逆にルーミーからヴィッツに乗り換えを考えている場合には、一気にグレードの選択肢が増えます。

しっかりと事前に調べておくか、ディーラーに聞いて購入を検討した方がいいでしょう。

ハイブリッドにするのか、ガソリン車にするのか。

またエンジンの大きさは1.5Lエンジンか、1.3Lか1.0Lか。

などなど、自分が使用する用途によって、必要ない機能やエンジン性能も多くあります。

無駄に何でもかんでもという購入は避けた方がいいでしょう。

関連記事⇒ルーミーの値引き相場と限度額は〇〇万円?交渉の極意は○○が有効?

中古車価格相場は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

続いては中古車の相場になります。

◆ルーミー:110万円~287万円

◆ヴィッツ:~258万円

ヴィッツについては長年の中古車も多くあります。

本当に安いものだと5万円台の中古車が存在していたりと、価格の相場が難しくなっています。

またグレードによっても中古車価格が違いすぎます。

一概に同じ名前のヴィッツでも、どのグレードなのかをしっかりと見極める必要があります。

特に年式には注意をしておきましょう。

安いからといって購入したら、かなり前の年式なんてこともよくあります。

ルーミーとヴィッツを比較!燃費は違う?

引用:https://toyota.jp/vitz/

続いてはルーミーとヴィッツの燃費の違いを比較します。

ヴィッツはハイブリッドの存在と、エンジンの大きさが違うグレードの存在があります。

なので一概にヴィッツ全体と比べるのは難しくなります。

そこで今回は、2WDについてはルーミーのエンジンと同じである1.0Lエンジンの、ノーマルタイプのヴィッツ、4WDは1.3Lエンジンのヴィッツと比較をしてみました。

カタログ燃費は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

まずはカタログに載っている燃費(カタログ燃費)をルーミーとヴィッツで比較しました。

カタログ燃費 2WD 4WD
ルーミー 24.6km/L 22.0km/L
ヴィッツ 21.6km/L 18.0km/L※1.3L

カタログ燃費でみると、圧倒的にルーミーの燃費がいいですね。

4WDについてはヴィッツは1.3Lエンジンの影響もあるので、当然といえば当然ですが、

1.0Lエンジンの2WDもルーミーの方がカタログ燃費はいいんです。

これだけをみると燃費を考えた際に、ヴィッツのハイブリッドが選択肢として挙がる気持ちもわかりますよね。

実際の燃費(実燃費)は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

続いて実際の燃費(実燃費)をルーミーとヴィッツで比較しました。

これもカタログ燃費と同様に、

2WDについてはルーミーのエンジンと同じである1.0Lエンジンの、ノーマルタイプのヴィッツ

4WDは1.3Lエンジンのヴィッツと比較をしてみました。

実際の燃費 2WD 4WD
ルーミー 16.6km/L 15.1km/L
ヴィッツ 15.2km/L 14.5km/L※1.3L

ルーミーとヴィッツの実際の燃費(実燃費)を比較しても、カタログ燃費同様にルーミーの方が燃費はいいですね。

結構会社によってはカタログ燃費と実際の燃費(実燃費)の差が大きな場合もあります。

比較をしていくと、カタログ燃費では勝っていても実燃費では逆転するなんてことも多々あります。

しかしルーミーとヴィッツは同じトヨタということもあり、カタログ燃費と実際の燃費(実燃費)もルーミーの方がいいという結果になりました。

燃費をかなり重視したい場合にはヴィッツのハイブリッドも選択肢のひとつとしてはいいかもしれないですね。

 

関連記事⇒ルーミーの燃費悪すぎる?実際の燃費やターボは?

ルーミーとヴィッツを比較!大きさ(サイズ)は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーとヴィッツで比較をする際に、大きさの違いも、どのぐらい違うのか気になりますね。

外観を見ると明らかに高さはルーミーの方が高い事は分かります。

長さや幅も含めて数値にしてみると実際のところどのぐらいの大きさの差があるのでしょうか。

外観サイズの違いは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

まずは外観サイズをルーミーとヴィッツで比較していきます。

全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
ルーミー 3,700mm 1,670mm 1,735mm
ヴィッツ 4,265mm 1,695mm 1,500mm

表にして比較をするとわかりやすいのですが、長さと幅についてはヴィッツの方が大きいんです。

そして高さは見た目の通り、ルーミーの方が高くなります。

ヴィッツの公式ホームページでも書いてありますが、ヴィッツについては機械式の駐車場でも問題なく駐車ができるサイズになっています。

関連記事⇒ルーミーの外寸や外装は?機械式駐車場は停めれる?

車内(室内)サイズの違いは?

引用:https://toyota.jp/vitz/

ルーミーとヴィッツで車内(室内)のサイズを比較してみるとどのぐらいの差があるのでしょうか。

これも表にして比較をしました。

室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
ルーミー 2,180mm 1,480mm 1,355mm
ヴィッツ 1,920mm 1,390mm 1,250mm

やはり車内(室内)のサイズは、長さ・幅・高さの全てでルーミーの方が大きいですね。

実際に乗ってみても、ルーミーは運転席でも余裕のスペースがあったり、乗り降りも簡単にできます。

ヴィッツですと乗り降りが少ししにくいのと、車内(室内)も大人が4人乗るとかなりの圧迫感を感じますね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

家族で出かけることが多かったり、子供の塾の送り迎えなどで子供が乗ることの多い場合には、車内(室内)のスペースの観点で言うと、圧倒的にルーミーに軍配が上がります。

特に長距離の移動をする場合には、車内(室内)空間の広さで、疲れ方も全然違いますし、子供がつかれてぐずってくると、せっかくの旅行なども大変になりますからね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

またルーミーは前列から後列への移動も可能です。

それだけの車内(室内)スペースがあるからこその、この広さはファミリー層にはおすすめです。

関連記事⇒ルーミーとフィットを比較!どっちが広い?

収納力の違いは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

では車内(室内)の大きさが分かったところで収納力はどうでしょうか。

もちろん車内(室内)のサイズが大きい分、ルーミーとヴィッツで比較をしても、ルーミーの方が収納能力は圧倒的に高いです。

関連記事⇒ルーミーで車中泊は可能か?後部座席や荷室容量を紹介!

しかし、ヴィッツでも座席を上手く使う事で、ルーミーまではいかないにしても、ある程度の荷物を収納することが可能になります。

引用:https://toyota.jp/vitz/

後部座席とトランクを使用することで、それなりの大きさの荷物を積むことが可能です。

引用:https://toyota.jp/vitz/

後部座席を完全に倒せは、更に多くの荷物を積めます。

さすがにゆったりとして車中泊までは厳しいのですが、座席の使い方次第である程度のスペース確保は可能になります。

タイヤサイズの違いは?

続いてはタイヤサイズをルーミーとヴィッツで比較しました。

タイヤサイズ次第で、長い目でみると維持費も変わってきます。

外観を重視する場合には、タイヤサイズは大きい方が目立ちます。

ただ経済的な部分を考えるとタイヤサイズは小さい方が、価格としては安くすみます。

個人の好みで分かれるところではありますね。

そんなタイヤサイズですが

◆ルーミー:165/65R14

◆ヴィッツ:165/70R14

となります。

若干違うものの、同じ14インチが純正となります。

※グレードによって差はあります。

もし見た目を重視してタイヤサイズを大きくしたい場合は、しっかりと適合するサイズをつけていくことをおすすめします。

関連記事⇒ルーミーのタイヤサイズのインチアップやタイヤ交換は可能か?

スポンサーリンク

ルーミーとヴィッツを比較!安全性能は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

安全性能についてルーミーとヴィッツを比較してみました。

基本的には、同じトヨタですので安全性能について大きな差があるわけではありません。

また、ルーミーもヴィッツも共にグレードによってついている安全サポート機能があったりなかったりするのは同じになります。

関連記事⇒ルーミーは運転しやすい?安全性や自動ブレーキ,横滑り防止機能はある?

引用:https://toyota.jp/vitz/

なので、ルーミーとヴィッツの安全性能を比較した際にわずかな違いはあるものの、これといって大きな差はないと思ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

ルーミーとヴィッツを比較!加速性能は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

加速性能をルーミーとヴィッツで比較をするとどうでしょうか。

ルーミーについては、多くの口コミや、実際に私自身も乗っていて加速についてはあまり期待はできません。

関連記事⇒ルーミー、ターボとノーマルの違いは?燃費や評価、加速まで検証!

もちろん普通に街で運転をしたりする分には、全く持って問題は無いのです。

しかし高速道路や急発進の時にはやや加速の弱さを感じるのがルーミーです。

ではヴィッツの加速はどうでしょうか?

ネット上の口コミを見ても、ヴィッツの加速は良いでしょう。

ヴィッツはスポーツタイプのグレードもあり、ある程度加速にも力を入れているので、加速は良いといえます。

ルーミーと比較しても加速についてはヴィッツに軍配が上がります。

引用:https://toyota.jp/vitz/

ただし、加速の感覚はそれまで乗っていた車によっても変わってきます。

今まで加速の良いターボタイプやエンジンの大きい車に乗っていたのであれば、当然加速が弱いと感じます。

逆に軽自動車に乗っていたのであれば、段違いで加速がいいと感じるでしょう。

引用:https://toyota.jp/vitz/

またより加速を楽しみたいという人は、ヴィッツにはマニュアルタイプのグレードも存在します。

好きな人にはマニュアルでの運転もいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

ルーミーとヴィッツを比較!色の種類(カラーバリエーション)は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

ルーミーとヴィッツのカラーバリエーションは比較するとどうでしょうか?

◆ルーミーのカラーバリエーション

全14色(単色9色・ツートーン5色)

 

◆ヴィッツのカラーバリエーション

全17色(単色17色)

関連記事⇒ルーミーの色(カラー)人気TOP3はこれだ!色見本(バリエーション)紹介?

ルーミーもカラーバリエーションは多い方ですが、ヴィッツは更に多くのカラーバリエーションがあります。

グレードによっては選べない色もありますが、このカラーバリエーションの多さは凄いですね。

ルーミーとヴィッツを比較!人気とイメージ(CM)は?

引用:https://toyota.jp/vitz/

ルーミーとヴィッツの人気の違いはどうでしょうか。

2017年4月~2018年3月の販売台数順位を比較すると

ルーミー:19位

ヴィッツ:16位

とヴィッツの方がわずかにルーミーよりも勝っています。

また、実際の販売台数では、

ルーミー:79,247台

ヴィッツ:86,214台

でした。

ルーミーもヴィッツも数ある車の中で、20位以内に入っているということは、それだけ人気が高い車種であるという事がわかりますね。

またCMもルーミーとヴィッツでも大きく違います。

◆ルーミーのCM

 

◆ヴィッツのCM

ルーミーもヴィッツもまだまだ様々なタイプのCMがありますが、

ルーミーはファミリーに向けているのと、広さをアピールしたCM。

ヴィッツは、加速や性能をアピールしたCM。

の傾向が強いように個人的には感じます。

それぞれの車でターゲット層が違うんですね。

ルーミーとヴィッツを比較!まとめ

引用:https://toyota.jp/vitz/

ルーミーとヴィッツを様々な観点から比較してきましたが、どうだったでしょうか。

比較を簡単にまとめますと、

・価格は平均するとヴィッツがやや高い

・燃費はルーミーの方が良い

・外観サイズは長さと幅はヴィッツ、高さはルーミー

・室内はルーミーの方が圧倒的に広い

・収納もルーミーの方が多く収納できる

・安全性はそこまで変わらない

・加速は断然ヴィッツ(グレードによって差がある)

こんな感じでしょうか。

何を重視するかによって使い方も変わってきますので、ひとつの参考にしてもらえればと思います。

関連記事:【ルーミーvsタンク】違いを徹底比較!どっちがいいの?

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

車を高く売りたいなら『中古車オークション』が圧倒的にお得!

まだ一括査定で売ろうとしているの?

しつこい営業電話一切なし!

連絡はセルカからのみ!

申し込みもとにかく簡単!



査定は1回のみで最大6000社が値付け!

車のオークション。

だから一番高く売れる。

↓↓査定を試してみる↓↓

>>公式ホームページ<<

 

 

スポンサーリンク
 





タイトルとURLをコピーしました