ルーミー&タンク VS ヴォクシーの違いを比較!価格・評価・燃費・サイズなどを徹底検証!

あなたの愛車を最高額売るためには

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

ルーミー/タンク VS ヴォクシー比較!価格・評価・燃費・サイズなどを徹底検証!

トヨタ・ルーミー/タンクの購入を検討している人にとってワンランク上の車であるヴォクシーはかなり比較が気になる車種になります。

また逆にヴォクシーの購入を検討している人にとっては、ルーミーやタンクの比較が気になりますよね。

実際にルーミー/タンクとヴォクシーを比較すると、価格・評価・燃費・サイズ・グレードなどなど・・・色々と知りたくなりますね。

そんな、ルーミー/タンクとヴォクシーの比較をまとめました。

スポンサーリンク

【ルーミー/タンクVSヴォクシー】比較!人気はどっちがある?

引用:https://toyota.jp/voxy/

トヨタ・ヴォクシーといえば、車好きでない人もほとんどの人が知っている車のひとつで、街などでも非常に多く走って知るほどの人気ぶりですよね。

どちらかというとCMはファミリー層のかっこいいパパに向けたイメージのCMですが、実際にはパパだけでなく、主婦の人が乗っていたり、営業車としても使われていたりと、とにかく使用用途の幅が広い車です。

◆ヴォクシーCM

CMもかなり多くの種類があり、多くの俳優さんが登場していました。

そんな人気のヴォクシーですが、ルーミー/タンクと比較して人気はどうなのでしょうか?

ルーミー/タンクとヴォクシーの人気比較?

引用:https://toyota.jp/roomy/

早速ですが、2017年4月~2018年4月までの1年間販売台数を比較してみました。

◆販売台数

ルーミー :79,247台

タンク  :71,030台

ヴォクシー:91,187台

◆順位

ルーミー :19位

タンク  :23位

ヴォクシー:14位

引用:https://toyota.jp/voxy/

ルーミーも19位・タンク23位と非常に高い順位なのですが、ヴォクシーは更に高いですね。

これだけ人気があるという事になりますね。

ちなみに、ヴォクシーの兄弟車でもあるノアは32位(57,668台)となっており、同じ兄弟車でも大きな差ができていますね。

ヴォクシーの取扱店舗は?

ヴォクシーの取り扱い店舗はネッツになります。

ネッツといえば、ルーミーの兄弟車であるタンクも取り扱っている会社になります。

引用:https://toyota.jp/Tank/

ルーミーとヴォクシーを試乗して比較してみたい場合は、ほぼ同じ車種のタンクがあるネッツへ行って試乗をすれば手間が省けますね!

ちなにみネッツはどちらかというと若者に向けた車を多く販売している傾向があります。

タンクとルーミーをみても、若者に人気が出やすいデザインはタンクになります。

ヴォクシーとノアを比較しても、やはりヴォクシーの方が若者に人気が高いですね。

スポンサーリンク

【ルーミー/タンクVSヴォクシー】比較!大きさ(サイズ)はどれぐらい違う?

引用:https://toyota.jp/voxy/

ルーミー/タンクとヴォクシーの大きさ(サイズ)を比較するとどれだけ違うのでしょうか?

ルーミー/タンクとヴォクシーで比較をしていきます。

※基本的にルーミーとタンクは全く同じなので、ルーミーで比較をしていきます。

◆ルーミー/タンクとヴォクシーの本体(外観)サイズは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

まずは本体サイズです。

■ルーミー/タンク

全長(長さ) 3,700mm

全幅(幅)  1,670mm

全高(高さ) 1,735mm

■ヴォクシー

全長(長さ) 4,695mm

全幅(幅)  1,695mm

全高(高さ) 1,825mm

※グレードによって多少大きさが変わります。

分かりやすく表にして違いを比較してみました。

◆外観サイズ比較表◆

車種 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
ルーミー/タンク 3,700mm 1,670mm 1,735mm
ヴォクシー 4,695mm 1,695mm 1,825mm

車体本体のサイズを見ると、やはりヴォクシーの方が全体的に大きくなります。

長さはやはり圧倒的にヴォクシーの方が長いです。

意外だったのが幅についてはそこまでの差はないということです。

意外とルーミー/タンクが広いのか、ヴォクシーが狭いのかはわかりませんが、ルーミー/タンクとヴォクシーでの横幅の大きさの違いがそこまでないんですね。

◆ルーミー/タンクとヴォクシーの車内(室内)サイズは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

続いては車内(室内)サイズです。

■ルーミー/タンク

室内(長さ) 2,180mm

室内(幅)  1,480mm

室内(高さ) 1,355mm

■ヴォクシー

室内(長さ) 2,930mm

室内(幅)  1,500mm

室内(高さ) 1,480mm

引用:https://toyota.jp/voxy/

これも表にして比較をしてみます。

◆車内(室内)サイズ比較表◆

車種 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
ルーミー/タンク 2,180mm 1,480mm 1,355mm
ヴォクシー 2,930mm 1,500mm 1,480mm

室内サイズも比較をすると、ヴォクシーの広さがわかるかと思います。

差を数字で表しますと

長さ:750mm

横幅:20mm

高さ:125mm

となります。

外観サイズと同じように横幅についてはそこまでの差はありませんが長さと高さの差で、車内(室内)の広さは全然違うといえます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

実際に私も、ルーミー/タンクもヴォクシーも乗ったことがありますが、やはりヴォクシーの方が広さは明らかに感じますが。

ただ実際3列目をいつも使うかというと、ほとんど使う機会も少ないので、ライフスタイル合わせる感じがいいかなと思います。

大人数での移動が多かったり、大きな荷物を運ぶことが多い場合にはヴォクシー

子供の送り迎えや通勤などの街乗りが多いならルーミー/タンク

という感じかなと思います。

◆ルーミー/タンクとヴォクシーの乗車人数は?

引用:https://toyota.jp/voxy/

続いて乗車人数になります。

■ルーミー/タンク

5名乗り

■ヴォクシー

7人~8人乗り

ヴォクシーについてはシートによって変わってきます。

家族の数や、日頃車に乗せる人数によって変わってきますが、これもやはりライフスタイルによってどちらが必要かが変わってきますよね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ルーミー/タンクからヴォクシーに乗り換える人の多くは、家族が増えたり、収入も上がってワンランク上の車にするというイメージでの購入が多いようです。

また逆にヴォクシーからルーミー/タンクに乗り換える人は、子供が独立して夫婦でしか車に乗らなくなったり、夫婦でセカンドカーを持ちたいという人にも多いみたいですね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

一昔前は、セカンドカーというと軽自動車を購入する人が多く、夫は普通車で、妻は軽自動車で子供の送り迎えをするなんてパターンがありました。

しかし最近やはり安全面を重視した際に、普通車と軽自動車ではボディの丈夫さが違うという事で、セカンドカーも普通車を選ぶ家庭も多いようです。

やはり、不慮の事故などになってしまった際に、家族の身を守ってくれる車ですから、丈夫な車に子供が乗っていてくれた方が安心という考えもありますよね。

引用:https://toyota.jp/roomy/

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!維持費や安全性はどう?

中には、ルーミー/タンクかヴォクシーか迷っていた友人で、面白い考えでルーミーにしたという人もいます。

ヴォクシーのような大人数が乗れる車だと、逆に何か友達と出かけたりイベントがあると必ずといっていいほど運転手にされてしまうことがあるようです。

そこであえて小さいルーミーを選択したという人もいました。

それぞれの生活パターンや考え方で選ぶ車も変わりますね。

 

あなたの愛車が最高額で売れる!

⇒愛車の最高額を無料で確認する⇐

ルーミー/タンクVSヴォクシーを比較!カラー(色)バリエーションは?

引用:https://toyota.jp/voxy/

続いて、カラー(色)のバリエーションはどうでしょうか?

街を走っている車や、イメージではルーミーはカラー(色)バリエーションが多く、ヴォクシーは少ないという感想でしたが、実際はどうでしょうか?

■ルーミー/タンク

通常カラー:9種類

ツートーン:5種類

合計14種類

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】カラー色の人気TOP3はこれだ!色見本(バリエーション)紹介?

■ヴォクシー

通常カラー:7種類のみ

やはりヴォクシーのカラー(色)バリエーションは少なめでしたね。

ちなみ7種類のカラーはこんな感じです。

●イナズマパーキングガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

●ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

●ボルドーマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

●シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

●アバンギャルドブロンズメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

●ブラック

引用:https://toyota.jp/voxy/

●ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーはそこまで多くカラーバリエーションを準備しているわけではありません。

レッド系などの派手なカラーは無く、どちらかというと落ち着いたカラーが中心になりますね。

ヴォクシー人気カラーTOP3は?

引用:https://toyota.jp/voxy/

ちなみにヴォクシーの人気カラーは

1位:ホワイトパールクリスタルシャイン

2位:ブラック

3位:イナズマパーキングブラックガラスフレーク

になります。

やはりどの車でも、ホワイトとブラックは人気がありますね!

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】カラー色の人気TOP3はこれだ!色見本(バリエーション)紹介?

購入から数年後に売ることを考えても、人気の高い色(ボディカラー)の方が高く売れる傾向にありますので、カラー人気ランクは要チェックです。

スポンサーリンク

ルーミー/タンクVSヴォクシーを比較!グレードの種類はどれだけ違う?

引用:https://toyota.jp/voxy/

続いてグレードの種類になります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

■ルーミー/タンク

グレード:7種類

ハイブリッド無し

ターボあり

4WDあり

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】価格、値段と実費用は?おすすめグレードやMT車情報!

引用:https://toyota.jp/voxy/

■ヴォクシー

グレード:9種類

ハイブリッドあり

ターボ無し

4WDあり

これも表にまとめてみました。

車種 グレード ハイブリッド 4WD ターボ
ルーミー/タンク 6種類 ×
ヴォクシー 9種類 ×

引用:https://toyota.jp/voxy/

グレードの種類はヴォクシーが多くあります。

またヴォクシーにはハイブリッドもあるという事ですね。

燃費を考えてハイブリッドにする人も多いようです。

逆にルーミー/タンクはターボがあるのも違いになります。

また、ルーミー/タンクとヴォクシー共に特別仕様車があります。

特別仕様車は、ルーミー/タンクもヴォクシーも外観もかっこよくなっています。

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】特別仕様車が予定より凄い!?値引きは〇〇円??

引用:https://toyota.jp/voxy/

個人的なイメージとしては

ルーミーの特別仕様車『G“Cozy Edition”』は高級感がある感じで、男性でも女性でも似合う車というイメージです。

実際に公式ホームページでも女性が運転している写真が多く使用されています。

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

タンクの特別仕様車『G“Cozy Edition”』はスタイリッシュさが更に増した印象になります。

ルーミー同様に女性(母親)が運転をしている写真が多く使われていて、『母と娘』のイメージがあります。

引用:https://toyota.jp/TANK/

そしてヴォクシーの特別仕様車『ZS“煌<きらめき>Ⅱ”』は完全に男性向けの少しイカついイメージの外観になっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

CMも男性が乗っているシーンが多いですし、ヴォクシー自体『父と息子』をテーマにした内容が多いように感じます。

まあ実際には街で見かける時に女性が乗っていることも良く見かけるので、全然女性でも似合いますけどね。

関連記事⇒ルーミーとシエンタを比較!どっちがいい?燃費や価格、サイズや加速までを徹底比較!

【ルーミー/タンクVSヴォクシー】比較!価格はどれぐらい違う?

続いてルーミー/タンクとヴォクシーの価格を比較してみました。

やはり現実的なお金の部分も、比較して検討をする時に重要ですよね。

ルーミー/タンクVSヴォクシーの価格は?

引用:https://toyota.jp/voxy/

価格についても表にしてまとめてみました。

◆ルーミー&タンクの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
カスタムG-T (ターボ) 2,002,000円
カスタムG 1,870,000円 2,046,000円
G-T (ターボ) 1,837,000円
G 1,716,000円 1,892,000円
X“S” 1,556,500円 1,732,500円
X 1,490,500円 1,666,500円
G”Cozy Edition” 1,762,200円 1,938,200円

◆ヴォクシー価格表【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID ZS“煌<きらめき>Ⅱ” 3,443,000円
ZS“煌<きらめき>Ⅱ” 2,940,300円 3,138,300円
HYBRID ZS 3,347,300円
HYBRID V 3,218,600円
HYBRID X 3,059,100円
ZS 2,844,600円 3,042,600円
V 2,855,600円 3,064,600円
X 2,587,200円 2,796,200円
ZS“GR SPORT” 3,306,600円

※ヴォクシーは全て7人乗りシートの価格(8人乗りは若干安くなります)

ルーミー/タンクとヴォクシーの価格を比較しますと、

ルーミー/タンク  :約149万円~200万円

ヴォクシー    :約258万円~345万円

になります。

ヴォクシーはハイブリッドのグレードがある分、価格は更に高くはなりますが、最低価格でも、100万円近くの差があります。

実際にルーミー/タンクかヴォクシーかで悩んでいる人は、この価格差を大きな検討材料にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ルーミー/タンクVSヴォクシーを比較!燃費はどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/roomy/

続いては燃費になります。

燃費の長い目でみれば、維持費の部分でとても重要な要素ですね。

カタログ燃費と、実際の燃費を見ていきたいと思います。

またハイブリッドは比較ができませんので、ここでは載せていません。

ルーミー/タンクとヴォクシーのカタログ燃費を比較

引用:https://toyota.jp/voxy/

◆ルーミー/タンクとヴォクシーのカタログ燃費比較表

カタログ燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
ルーミー/タンク 24.6km/L 22.0km/L 21.8km/L
ヴォクシー 16.0km/L 14.8km/L

やはりヴォクシーはエンジンの大きさがルーミー/タンクの倍の大きさがあるだけに、燃費もルルーミー/タンクと比較すると悪くなりますね。

では実際の燃費(実燃費)はどうでしょうか?

関連記事⇒ルーミーとヴィッツを比較!どっちがいい?燃費、価格、加速まで徹底比較!

ルーミー/タンクとヴォクシーの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆ルーミー/タンクとヴォクシーの実燃費比較表

実燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
ルーミー/タンク 16.6km/L 15.1km/L 14.7km/L
ヴォクシー 12.6km/L 11.2km/L

当然、実際の燃費(実燃費)はルーミー/タンクもヴォクシーも下がってきます。

道路の状況や運転の仕方によっても実際の燃費は全然変わりますので、あくまでも参考までにしていただければと思います。

ルーミー/タンクとヴォクシーで燃費を比較していくと、約4km/Lの差があります。

これが長い目で見ると、年間の維持費にどれだけ影響をしてくるのかは、実際に車に乗る頻や距離によっても変わってきますので、個人差があります。

一度計算をして見てもいいかもしれないですね。

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】燃費悪すぎる?実際の燃費やターボは?燃費向上の裏ワザ、口コミも紹介!

ルーミー/タンクVSヴォクシーを比較!加速はどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/voxy/

燃費の次は、ルーミー/タンクとヴォクシーの加速も比較をしていきます。

結論から言うと、

ルーミー/タンクの加速はやや弱いと感じる

ヴォクシーの加速は問題なし

と個人的には感じでします。

実際に私自身がルーミー/タンクもヴォクシーも運転してみての感想なので、個人的な感覚ではあります。

やはりエンジンそのものの大きさが違うため、加速については明らかに違いがあります。

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミー/タンクに関しては、口コミにも加速についてはやや不満足の意見が多くあります。

関連記事⇒【トヨタ・ルーミー】不具合トップ3はこれ!?リコール情報も紹介!

もしルーミー/タンクで加速が気になるようでしたら、ターボのグレードをおすすめします。

ただ、加速が気になるといっても、街で普通に乗る分には問題ないレベルです。

軽自動車と比較してもむしろ良い方ではないかと思います。

また、ヴォクシーについては『問題なし』と書かせてもらったのは、特段加速が良いというわけではなく、不具合も無いという感じです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴェルファイアなどのさらに上のランクの車と比較をしてしまうと加速の物足りなさはもちろんあります。

ただ、ヴォクシーの大きさと、エンジンの大きさを考えると、問題はありませんし、高速道路でも特に力不足は感じないです。

ルーミー/タンクとヴォクシーの加速を比較すると、車体の大きさ、エンジンの大きさのバランスを総合的に考えると、ヴォクシーの方が良いといえます。

【ルーミー/タンクVSヴォクシー】比較!買うならどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ここまで様々な観点からルーミー/タンクとヴォクシーを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

車体の価格と燃費の比較を見て頂き、ライフスタイルと照らし合わせて頂くといいかと思います。

価格だけでいえば最低でも約100万円の差があります。

ライフスタイルを考えたら、その100万円に見合った価値があれば、ヴォクシーという選択がいいと思います。

逆に見合った価値が感じられないのであれば、ルーミー/タンクという選択も有りだと思います。

引用:https://toyota.jp/roomy/

また、車を機能だけでなく外観などの価値を重点に置いた時も、考え方は変わってくるかと思います。

是非、一つの参考にしていただければと思います。

 

⇒知らなきゃ損!?愛車の最高額確認はコチラ

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

愛車を最高額で売り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

1社だけの査定だと比較業者がいないので
最安値の買取額が掲示されることもあり
あなたが損をする可能性も⁉

だから絶対に一括査定で業者同士に
競ってもらう事で買取価格も上がるのです!

スマホOK♪ 入力45秒♪ 査定無料♪♪

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

スポンサーリンク