【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!維持費や安全性はどう?比べるとお得?

下取りは必ず、一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!維持費や安全性はどう?比べるとお得?

トヨタ・ルーミーといえば5人乗りミニバンとして人気の車種ですが、購入を考えた際にどうしても比較をしてしまうのが軽自動車ではないでしょうか?

軽自動車といえば維持費が安い!けど安全性が・・・。

というイメージが強く、また手軽に乗れるイメージもありますよね。

また最近の軽自動車は室内スペースも広い車も多いのであえて普通車のトヨタ・ルーミーを乗るべくか悩むところですよね。

そんな悩みがある人のために、

実際の維持費はどうなのか?

安全性はどうなのか?

比べてみるとどのぐらい違うのか?

軽自動車と比較をしてみました。

スポンサーリンク

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!対象となる軽自動車は??

引用:https://toyota.jp/roomy/

冒頭にも書きましたが、あえて普通車のトヨタ・ルーミーを購入するべきか、それとも軽自動車のスペースが広いタイプを購入するべきか悩みますよね。

そんな方のために、まずはトヨタ・ルーミーと比較すべく軽自動車はどんな車があるのかまとめました。

スズキ・スペーシア

名前の通り、室内スペースの広さも大きなアピールポイントとなる
スズキ軽自動車です。

ダイハツ・タント

軽自動車でタントを乗っている人は多いのではないでしょうか?
最初に購入する車としても大人気の安定した軽自動車ですね。

ホンダ・N-BOX

若い層だけでなくファミリー層まで、幅広い人気のある
ホンダの代表的な車です。

室内の高さが1,400mmあることも特徴のひとつで普通車に負けない
室内空間を持っている為、多くの層から人気お車になります。

軽自動車の性能も凄い!

引用:https://toyota.jp/roomy/

軽自動車の比較対象として挙げさせてらった各社の車も、もちろんそれ以外にも多くの比較できる車があるかと思います。

軽自動車のバンタイプはとにかく多くの車が発売されていますね。

むしろ昔と比べても、軽自動車もバンタイプが今や主流となってきていますね。

最近の軽自動車をみると、一昔前には想像もできないぐらいの室内空間を持っており、その大きさは車中泊が可能であったり機能性も充実しています。

使用目的にもよってきますが、軽自動車の機能で全てが賄えるのであれば、普通車と比較した結果、軽自動車という選択肢もありにはあると思います。

スポンサーリンク

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!燃費は安くなる?

引用:https://toyota.jp/roomy/

では実際にトヨタ・ルーミーと軽自動車での比較をしてみました。

今回比較をしていくのはトヨタ・ルーミーに対して

ダイハツ・タント

ホンダ・N-BOX

スズキ・スペーシア

の3台で比較をしました。

カタログ上の燃費を比較すると

引用:https://toyota.jp/roomy/

まずがルーミーと軽自動車のカタログ上の燃費を比べてみます。

■トヨタ・ルーミー
24.6km/L

■ダイハツ・タント
28.0km/L

■ホンダ・N-BOX
25.6km/L

■スズキ・スペーシア
32.0km/L

比較をしてカタログ燃費を並べてみると、上記のような結果になります。

流石は軽自動車だと言いたいところですが、全体的にみるとホンダ・N-BOXが軽自動車としてはやや燃費が悪いかなといった感じですね!

ちょっと意外ですよね!

関連記事:燃費悪すぎる?実際の燃費やターボは?燃費向上の裏ワザ、口コミも紹介!

実燃費を比較すると

引用:https://toyota.jp/roomy/

ではルーミーと軽自動車の実燃費を比べてみるとどうなのでしょうか?

実燃費は、気温や道路の状況その他で大きく変化をしますので、あくまでも参考数値となります。

■トヨタ・ルーミー
16.6km/L

■ダイハツ・タント
18.5km/L

■ホンダ・N-BOX
17.0km/L

■スズキ・スペーシア
20.6km/L

全て街乗りを基準として計測しています。

引用:https://toyota.jp/roomy/

実燃費の結果を見ると、やはりトヨタ・ルーミーに比べて全ての軽自動車が実燃費が良かったという事になります。

しかし、数値を見ると実際のところわずかしか変わらないのも事実ですね。

ホンダ・N-BOXでいえば0.4km/Lの差でした。

この比較数値をどれほどの差と捉えるかどうかは微妙なところですよね。

個人的には、ほとんど実燃費の差はないのではないかなと思います。

流石にスペーシアと比較をすると、4km/Lの差があるので、それなりに距離を乗ると、差が出てくるかもしれません。

しかしそれ以外の軽自動車と比べても、実はそこまでの差はないのが現状ではないでしょうか。

関連記事:ルーミーとワゴンRを徹底比較!どっちがお得?

坂道の多い場所を運転する人は注意!

引用:https://toyota.jp/roomy/

一つの考え方として、普通車と軽自動車はエンジンの大きさ自体が違うので、加速の差が全然違います。

そのため、自宅のある場所が坂道が多い場所に住んでいる人や、坂道の多い場所が通勤の人は、軽自動車だと加速の際に必要以上にガソリンを使ってしまうということもあります。

理由としてはエンジンの大きさが小さいと、加速の際にある程度アクセルを踏み込まないと坂道を登ることができません。

アクセルを踏み込むということは、それだけエンジンの回転数を高くしないといけないということですので、そのためにガソリンが必要になるとうわけです。

なので坂道を運転することが多い人は、普通車の方が燃費が良くなることもあるそうです。

また信号待ちなどで発進時に加速をする人も同様に、エンジンが小さい車の方が燃費が悪くなる傾向にあります。

関連記事:燃費悪すぎる?実際の燃費やターボは?燃費向上の裏ワザ、口コミも紹介!

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!外観や内装、乗り心地を比べるとどう?

引用:https://toyota.jp/roomy/

続いて、外観や内装、乗り心地を比較しました。

はっきり言って、外観は好みによって変わってきますが、内装や乗り心地は圧倒的にトヨタ・ルーミーですね!

やはりそこは軽自動車が安く作られているという事が、乗り心地の違いは顕著に表れる個所にもなりますね。

内装の違いを比べると

引用:https://toyota.jp/roomy/

内装の比較については、実際に乗ってみると分かると思うのですが、ドアを閉めた時の音からして、重量感が違います。

また軽自動車も昔よりはだいぶ良くはなりましたが、最近は室内スペースを広くすることを重視しているせいか、全体的に薄くなっていて、外の音も入りやすいですね。

そこまで気にならないという人は問題ないのですが、今まで普通車に乗っていた人は結構気になる部分になりますね。

特に加速時などのエンジン音や、雨の時のボディに雨が当たる音も、普通車と軽自動車を比較すると全然違います。

関連記事:ルーミーの不具合トップ3は?

乗り心地を比べると

引用:https://toyota.jp/roomy/

当然周りのボディだけでなく、シートも薄くなる為、乗り心地もやはりトヨタ・ルーミーの方が断然いいですね。

トヨタ・ルーミーも他のワンランク上の普通車と比べてしまうと、若干シートが薄い感じや乗り心地がいまいちな部分もありますが、軽自動車と比較すると全然違いますね。

また、後ろの座席に乗った時のその差が非常に良くわかると思います。

やはりトヨタ・ルーミーの方が後部座席も乗り心地は安定していますね。

また後部座席の広さも、個人的にはトヨタ・ルーミーの強みだと思っています。

予想以上に広いです。

これは一度試乗をしてみると、よーくわかると思います。

ルーミーと軽自動車の外観や内装の比較をまとめると

・外観は個人の好みに分かれる(普通車も軽自動車も関係ない)

・内装は圧倒的にルーミーの方が良い

という結果になります。

関連記事:ルーミーの不具合トップ3は?

スポンサーリンク

【トヨタ・ルーミー】安全性を軽自動車と比較!安全性は圧倒的に強い?

引用:https://toyota.jp/roomy/

燃費の差や外観、内装などの比較の次は安全性や安全性能の比較です。

今は様々な安全装置・装備が付いていますので、その安全装置についての説明は省かせて頂きます。

詳しい安全性能装置については、下記関連記事を参考にしてみてください。

関連記事:ルーミーの安全性能装置は何がついている?

ルーミーと軽自動車の安全性を比較する際に、実際に自私自身が全ての車を試乗してみて、普通車と軽自動車の圧倒的な違いとして一番感じたのは安全性です。

トヨタ・ルーミーは一昔前の普通車と比較すると、ボディで使用されている素材が軽くなっているので、一見安全面が心配に思う人も多いかと思います。

しかしディーラーに確認をしたところ、素材は軽くても耐久性はしっかりと確保ができているそうです。

家族を守れる車かどうか

私も実のところ最初はトヨタ・ルーミーにするか軽自動車にするか迷っていました。
実際に迷ったのは、スズキ・スペーシアでした。

燃費や維持費と、機能性を比較して考えた際に、やはりわずかではありますが軽自動車の方が経済的になるので、普通車にする意味はあるのかなと思っていました。

しかし、トヨタ・ルーミーにした決定的なこととしては家族が守れる車かどうかでした。

実際に試乗をして、運転してみてもトヨタ・ルーミーの方が圧倒的に安全性が高いというのは、言葉だけでなく運転した実感として感じました。

横から突っ込まれた時に大丈夫なのか?

後ろから突っ込まれたら??

などなど考えると、もちろん事故の状況にもよるので絶対という事はありませんが、少しでも家族を守れる可能性の高いのが普通車でした。

なので、維持費や機能性ではなく、安心を買うという事で普通車であるトヨタ・ルーミーにしました。

多少の維持費と家族の命

もちろん事故はなければいいことなのですが、こればっかりはなんとも言えないですからね。

個人的には、一人でドライブを楽しみたいという人や、機能性と経済性を考えたいという人は軽自動車という選択肢もありだと思います。

しかし家族で遊びに行ったり、子供の送り迎えもあるというファミリー層には普通車をおすすめします

家族の命を守れる可能性がどれだけ高くなるのかを普通車と軽自動車で比較すると、やはり普通車の方が安心感が全く変わってくるのではないでしょうか。

あくまでも個人の感想ですので、軽自動車が絶対に危険であるとかダメとかとうものではありませんのでご了承ください。

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!結局維持費はどちらがお得に??

引用:https://toyota.jp/roomy/

では実際に燃費も含め全体的な維持費で考えるとどのぐらいの差があるのでしょうか??

自動車税

■1年目
ルーミー :29,500円
軽自動車 : 8,100円

軽自動車では25%の軽減です。

■2年目
ルーミー :29,500円
軽自動車 :10,800円

重量税

■エコカー減税適用時
ルーミー :5,600円
軽自動車 :1,800円(75%軽減)

軽自動車が元々重量税が安い上にエコカー減税も大きいのでかなりの差になりますね。

■通常時
ルーミー :12,300円
軽自動車 : 7,500円

ガソリン代

実燃費でトヨタ・ルーミーとダイハツ・タントを比較して計算をしてみました。

もう一度実燃費を確認をすると

■トヨタ・ルーミー
16.6km/L

■ダイハツ・タント
18.5km/L

両方の車の差は
1.9km/L

となります。

ガソリンの値段も変動があるため何ともいえませんが
130円/L
計算んし、年間走行距離が5000Kmとした場合、

年間に必要なガソリン量が

トヨタ・ルーミー :301L

ダイハツ・タント :270L

なので余分にトヨタ・ルーミーに必要なガソリン量が

31L

となる為、

31L×130円=4,030円

細かい計算を載せましたが、要するに年間で

4,030円の差

ということになります。

意外と軽自動車だからといって燃費が良いというわけではないんですね。

もっと詳しい記事はコチラ⇒【トヨタ・ルーミー】エコカー減税と自動車税はどのぐらい?

その他の費用は?

その他には自賠責保険や任意保険、そして車検があります。

任意保険や、車検はお願いしる会社によっても変わってきますので正確な計算はできませんが、基本的には軽自動車の方が全てにおいて安くなります。

やはり全体的にみても税金関係は軽自動車の方が比較にならないぐらい安くなるのが現状ですね。

スポンサーリンク

【トヨタ・ルーミー】軽自動車と比較!まとめ

いかがでしょうか?

いくつか比較をしてきました。

単純にお金だけで考えると、軽自動車の方がどうなってもお得になりますね。

しかしそこに走りの性能や、安全性を重視するかどうか。

これも選択をする時の要因のひとつになるのではないかと思います。

それは人それぞれの、何を大切にするかで変わってきますが、今回のデータもひとつの参考にしてもらえればと思います。

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
当たり前にあるんです。

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

スポンサーリンク