ルーミーとオデッセイを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

車をより高く売りたいのなら
ネットで一括査定です!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方が高くことも
当たり前にあります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓愛車の最高額を無料診断↓↓

ルーミーとオデッセイを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

トヨタの大人気車種であるルーミーは5人乗りの広々空間が特徴の車です。

他者からも、類似者として様々な車種が販売されていますが、そのひとつにホンダのオデッセイがあります。

発売以降、人気が常に高く、ファミリー層だけでなく様々な層に人気の車種になります。

そこで今回は、ルーミーとオデッセイの違いなどを比較してみました。

ルーミーとオデッセイの価格や、大きさ、便利さ等々、様々な視点で比較をしました。

スポンサーリンク

ルーミーとオデッセイの基本的な違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずはじめにルーミーとオデッセイの基本的な違いから紹介をしていきます。

ルーミーとオデッセイはよく比較をされる車種ではありますが、スズキ・ソリオやダイハツ・トールのようなルーミーの類似車ではありません。

では基本的な部分でどんな違いがあるのかをみていきましょう。

販売店

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミー :トヨタ

オデッセイ:ホンダ

これは多くの人は知っているとは思いますが、ルーミーとオデッセイで販売をしている会社が違います。

車の購入を検討している時に販売会社が違うメリットとしては、価格の値引き交渉の際にライバル社となるので、交渉がやりやすいということです。

やはりトヨタもホンダもせっかくの車を購入してくれる見込み客を逃したくはありません。

それぞれの車の特徴とともに価格の値引きについても負けたくありませんので、うまく競ってくれることで、結果として値引きで得をする可能性が高くなります。

関連記事⇒ルーミーを値引き限度額をするポイントは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

そのためにもルーミーとオデッセイの細かい違いを知っておくことが、値引きの交渉の際にも有利にすすめるポイントにもなります。

乗車人数

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミー :5名

オデッセイ:7名/8名

ここも大きな違いのひとつになりますが、乗車人数が違います。

ということは車のサイズ自体も変わってきます。

今回はルーミーとオデッセイでの比較となりますが、オデッセイのライバル車をトヨタの車で考えると、シエンタや、ヴォクシーなんかが近い大きさのライバル車にもなりますね。

関連記事⇒ルーミーとヴォクシーを比較をするとどのぐらい違うの?

関連記事⇒ルーミーとシエンタを比較!購入ならどっちがいい?

エンジンのタイプと大きさ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミー :ガソリン車(ターボあり)

オデッセイ:ハイブリッド車、ガソリン車

後でグレード別の価格は紹介しますが、基本的な違いとしてルーミーはガソリン車のみのグレード展開となりますが、オデッセイはハイブリッド車とガソリン車のグレード展開となります。

ハイブリッドにしようか迷っている人にとっても、重要になりますね。

またエンジンの大きさも違ってきます。

ルーミー :1.0L(1,000cc)

オデッセイ:2.4L~2.0L(2,400cc~2,000cc)

基本的にエンジンの大きさもオデッセイはルーミーの倍以上あることになります。

以上の基本的な違いを踏まえたうえで、細かい比較をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ルーミーとオデッセイの違いを比較!価格はどれだけ違う?

引用:https://toyota.jp/roomy/

まずはルーミーとオデッセイのグレード別の価格の比較です。

エンジンの大きさ(排気量)からみてもオデッセイの方が価格が高くなるのは予想されますが、いくらぐらいの違いがあるのかを見ていきましょう。

ルーミーとオデッセイの新車価格は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆ルーミーの新車価格

グレード 2WD (FF) 4WD
カスタムG-T (ターボ) 1,965,600円
カスタムG 1,771,200円 1,944,000円
G-T (ターボ) 1,803,600円
G 1,620,000円 1,792,800円
X“S” 1,528,200円 1,701,000円
X 1,463,400円 1,636,200円
G”Cozy Edition” 1,730,160円 1,902,960円

◆オデッセイの新車価格

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 4,150,000円
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 3,936,400円
HYBRID・Honda SENSING 3,836,400円
ABSOLUTE・EX Honda SENSING 3,540,000円 3,653,600円
ABSOLUTE・Honda SENSING 3,326,400円 3,440,000円
G・AERO Honda SENSING 3,066,400円 3,180,000円

※オデッセイの8人乗りのタイプがあるグレードは、10万円弱安い価格での8人乗りグレードもあります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーとオデッセイのグレード別価格を見ていくと

ルーミー :約196万円~146万円

オデッセイ:約415万円~306万円

倍近くの価格差があるということがわかります。

価格が高いということは、それだけの部品や走り心地の品質が違っていたりということもありますが、オデッセイ1台を買おうと思えば、ルーミーが2台買える価格というのは驚きの人も多いのではないでしょうか。

ルーミーとオデッセイの中古車価格相場は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いては中古車の価格相場となります。

◆トヨタ・ルーミー
117万円~286万円

◆ホンダ・オデッセイ
86万円~392万円

オデッセイは2013年モデル以降の中古車の価格相場となります。

見比べてみると、やはりルーミーはまだ発売して間もないこともあり、価格はそこまで下がっていないことがわかります。

逆にオデッセイは年式によってはかなり価値が下がっていますね。

関連記事⇒ルーミーのグレード別リセール価格情報!

スポンサーリンク

ルーミーとオデッセイの違いを比較!燃費は違う?

引用:https://toyota.jp/roomy/

車の購入を検討する際に知りたい情報のひとつとして、燃費があります。

カタログ上の燃費もそうですが、実際の燃費も必要な情報ではないでしょうか。

燃費によって年間の維持費も変わってきます。

ルーミーとオデッセイのカタログ燃費と実際の燃費を比較しました。

ルーミーとオデッセイのカタログ燃費は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆ルーミーのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD ターボ(2WD) ターボ(4WD)
ルーミー 24.6km/L 22.0km/L 21.8km/L

◆オデッセイのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD ハイブリッド2WD
オデッセイ 13.6km/L 13.0km/L 24.4km/L

ルーミーとオデッセイの実燃費は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆ルーミーの実際の燃費

実燃費 2WD 4WD ターボ(2WD) ターボ(4WD)
ルーミー 16.6km/L 15.1km/L 14.7km/L

◆オデッセイの実際の燃費

実燃費 2WD 4WD ハイブリッド2WD
オデッセイ 10.5km/L 8.7km/L 16.4km/L

燃費でエンジンの大きさの違いが大きくでました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

やはりオデッセイはエンジンの排気量が大きい分、燃費は悪いといえるでしょう。

特に実際の燃費を比較するとわかりやすいのですが、オデッセイのハイブリッド車で、ルーミーと同じぐらいの燃費ということになります。

経済的な観点や、維持費で考えた際には、排気量の大きさで自動車税も変わりますし、燃費もここまで違うとなると、ルーミーの方がお得ということが言えるでしょう。

関連記事⇒ルーミーの燃費は悪い?ライバル車と比較をしてみた

ルーミーとオデッセイの違いを比較!大きさ(サイズ)は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーやオデッセイで購入を検討している人の中には、大きさサイズで車を選ぶ人も多い傾向にあります。

特に車内の空間がどれだけ使いやすいかも重要な要素のひとつになります。

ルーミーとオデッセイの外観サイズ(外寸)と車内(室内)サイズを比較しました。

ルーミーとオデッセイの外観サイズの違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
ルーミー 3,700mm 1,670mm 1,735mm
オデッセイ 4,840mm 1,820mm 1,685mm

※オデッセイの全高はグレードによって、1,685mm~1,715mmになります。

ルーミーとオデッセイの外観サイズを比較すると、見た目でもわかる通り、オデッセイの方が長さと幅がワンサイズ大きくなります。

高さについてはルーミーの方が高いですね。

ルーミーとオデッセイの最小回転半径は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミー :4.6m

オデッセイ:5.4m

最小回転半径については、ルーミーの方が小さくなります。

この数値は小さいほど小回りが効きやすいという数値となります。

やはり外観サイズが大きい分、小回りのついてはルーミーの方が優れています。

ルーミーとオデッセイの車内サイズの違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いては車内の大きさになります。

室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
ルーミー 2,180mm 1,480mm 1,355mm
オデッセイ 2,935mm 1,560mm 1,305mm

※オデッセイの高さはグレードによって1,305mm~1,325mmになります。

室内のサイズも比較をすると、外観サイズと同様に、オデッセイの方がルーミーよりもワンサイズ大きくなりますね。

やはり、5人乗りと7人乗りの違いとなります。

また、高さはルーミーの方が高めの設計になるため、実際に乗ってみたときはルーミーもそれなりに広い空間が確保されます。

あとは、どれだけの室内空間が必要かで、どちらがいいか決まってきますね。

関連記事⇒ルーミーで車中泊をしてみて良かった点、悪かった点は?

ルーミーとオデッセイのタイヤサイズの違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いて標準のタイヤサイズも比較をしていきましょう。

◆ルーミー :165/65R14

※グレードによって15インチあり

◆オデッセイ:215/55R17

※グレードによって16インチあり

標準のタイヤサイズもルーミーとオデッセイで3インチの差があります。

オデッセイの17インチはボディサイズからみても比較的大きなサイズ設定になっています。

やはり外観を重視している車だけあり、タイヤサイズへのこだわりもありますね。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

逆にルーミーは小さめのタイヤサイズとなりますが、グレード別の人気を見ても、ルーミーを購入する層は、そこまで車の外観へのこだわりが少ない人も多いようで、外観よりも、機能や経済的な部分の価値観が高い傾向にあるようです。

※個人差はあります。

関連記事⇒ルーミーのタイヤインチアップはどのぐらい可能?

関連記事⇒ルーミーの人気グレードランキングは?

ルーミーとオデッセイの収納力の違いは?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーとオデッセイの外観サイズと室内サイズがわかったところで、収納力も見ていきましょう。

ルーミーもコンパクトトールワゴンと言われるだけあり、シートアレンジによって、自転車等の大きな荷物を積むことができたりと、ファミリー向けに非常に活躍できる車となります。

また、オデッセイも室内サイズの大きさがあるだけに、シートアレンジによって多くの荷物が積めます。

ではルーミーとオデッセイのそれぞれの収納力を画像で紹介していきます。

◆ルーミーの収納力

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆オデッセイの収納力

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

関連記事⇒ルーミーの不具合TOP3は?

スポンサーリンク

ルーミーとオデッセイの違いを比較!安全性能は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーとオデッセイの安全面に関しての比較をしますと、ルーミーもオデッセイもそれぞれの会社の安全性能を装備した車となりますので、比較という意味では、大きな劣る点はありません。

ただし、ルーミーもオデッセイもグレードによって安全性能の装備が変わってきますので、購入の際には、どこまでの安全機能が必要なのかどうかをしっかり考えたうえでグレードを選択するのもおすすめです。

関連記事⇒ルーミーの安全性能はなにがある?

スポンサーリンク

ルーミーとオデッセイの違いを比較!加速性能は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いて加速性能をルーミーとオデッセイで比較をします。

結論から言えば、オデッセイの方が明らかに加速性能は優れているといえます。

オデッセイのエンジンの大きさからしてみても、ルーミーの倍以上あることから、やはり加速で選ぶなら絶対にオデッセイです。

口コミをみても、オデッセイの加速については酷評は少なく、満足している人は多いようです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

反対にルーミーの加速については、口コミをみても酷評は比較的多く、あまり加速は期待できません。

私も実際に運転をしてみて、街で普通に運転をする分には問題ありませんが、坂道や高速道路の合流では加速の弱さは顕著に出ます。

特に大人を3人以上乗せると弱さを感じました。

加速が気になるのであれば、ルーミーの場合はターボグレードがおすすめですね。

関連記事⇒ルーミーのターボとノーマルの違いは?

ルーミーとオデッセイの違いを比較!色の種類(カラーバリエーション)は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーとオデッセイのカラーバリエーションも見ていきましょう。

◆トヨタ・ルーミー

単色:9種類

ツートーン:5種類

合計で14種類の色から選ぶことができます。

関連記事⇒ルーミーの色(カラー)人気TOP3はこれだ!色見本(バリエーション)紹介?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆ホンダ・オデッセイ

単色:7種類

オデッセイは単色の7種類のみとなります。

オデッセイのカラーバリエーション紹介

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プラチナホワイト・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆スーパープラチナ・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆クリスタルブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムヴィーナスブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆コバルトブルー・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムスパイスパープル・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

◆プレミアムディープロッソ・パール

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

関連記事⇒ルーミーのカラーバリエーションはコチラ

オデッセイはどちらかというと派手なカラーバリエーションは少なく、落ち着いたボディカラーが中心となります。

やはり、価格を見ても若年層というよりは、30歳代以上の男性が乗るイメージがある車でもありますので、そういった層に向けてのカラーバリエーションになります。

引用:https://toyota.jp/roomy/

反対にルーミーはファミリー層を中心にしたイメージがありますので、お父さんもお母さんも乗りやすい車ということで、カラーバリエーションもかわいいものから、男性向けのものまで豊富にあります。

関連記事⇒ルーミーのカラーバリエーションはコチラ

ルーミーとオデッセイの違いを比較!人気とイメージ(CM)は?

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーとオデッセイの実際の人気についても比較をします。

2017年4月~2018年3月の販売台数順位を比較すると

ルーミー :19位

オデッセイ:61位

ルーミーの方が人気が高いことがわかります。

オデッセイも発売当初は爆発的な人気がありましたが、ライバル車が多くいることもあり、最近はやや伸び悩みの状況です。

ちなみにルーミーとオデッセイのの実際の販売台数では、

ルーミー :79,247台

オデッセイ:20,318台

が販売をされています。

ルーミーがオデッセイの約4倍の台数が売れているということですよね。

そういった観点からも、中古車価格がルーミーが下がりにくい理由もわかりますね。

ルーミーとオデッセイのCMは?

ではルーミーとオデッセイのCMもみてみましょう。

◆ルーミーのCM

◆オデッセイのCM

CMを見ていくと、ルーミーは完全にファミリー層に向けたCMです。

オデッセイについては、走っているシーンが中心のCMとなり、オデッセイの外観や走りをアピールしたイメージになります。

ルーミーとオデッセイの違いを比較!どっちがいい?まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ルーミーとオデッセイを様々な視点で比較をしてみました。

基本的な部分として違いが多くある車種だけに、どちらにしようかと悩む場合には、どこを重視するかが大切になります。

・室内の大きさだけを考えるならオデッセイ

・室内の大きさと価格で見るならルーミー

・外観は個人の好み

・燃費や維持費はルーミー

・加速や乗り心地はオデッセイ

といったところが個人的な比較結果となります。

もちろん、オデッセイの方が価格が高い分全体的な性能や素材も違ってくる部分はありますが、どこまでの機能が必要なのかも一度考えてみるといいと思います。

個人的には子供が小さいうちは必ずといっていいほど車内が汚れるので、ルーミーのようなランクの車でも十分だと考えてルーミーの購入を決めました。

そして実際に子供がどんどん車を汚すので、ルーミーという選択でよかったと思っています。

今回比較した項目を参考にしていただき、ルーミーとオデッセイの検討をしていただければと思います。

 

知らなきゃ損!?愛車の査定額の無料確認はコチラ

新車が値引き額から、さらに安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方が高くなることも
当たり前にあります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする