ルーミーとプリウスを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

あなたの愛車を最高額売るためには

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

ルーミーとプリウスを比較!違いは?価格、大きさサイズ、燃費、加速、人気、どっちがいい?

トヨタの代表的な車として有名な車種のひとつとして必ず挙がってくるのが『プリウス』になります。

低燃費だけでなく、デザインや走り心地など好評のプリウスですが、ルーミーと比較をするとどれだけ違うのかも気になりますよね。

そこで今回はルーミーとプリウスを様々な視点から違いを比較をしてみました。

スポンサーリンク

ルーミーとプリウスの基本的な違いや同じ箇所は?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

様々な比較をする前に、ルーミーとプリウスの基本的な違いや同じ箇所について抑えておきたいと思います。

基本的な違いや同じ箇所を知っておくことで、細かい比較の時に納得度も変わってくると思います。

販売会社を比較

引用:https://toyota.jp/roomy/

販売会社自体は、ルーミーもプリウスも同じトヨタ自動車になりますが、その中でも販売している店舗が違ってきます。

ルーミー:トヨタ店、カローラ店

引用:https://toyota.jp/roomy/

プリウス:トヨタ店、カローラ店、ネッツ店、トヨペット店

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ルーミーは2店舗での取り扱いとなりますが、プリウスは全店舗で販売をしています。

なので、ルーミーにするかプリウスにするか悩んでいるという人は、トヨタ店かカローラ店に行けば、両方の車を試乗したり比べたりすることができますので、手間は省けますね。

ただし、逆に値引き交渉の際には同じ店舗になるので、なかなか比較をしての値引き交渉は難しくなります。

その為、他のライバル車を見つけて、そのライバル車と比較をして値引き交渉をすることをおすすめします。

参考:ルーミーのライバル車比較まとめ

排気量(エンジンの大きさ)を比較

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ルーミー:1.0L(1,000cc)

プリウス:1.8L(1,800cc)

排気量を比較すると、ルーミーとプリウスでは全く違ってきます。

プリウスの方がルーミーの倍近くの排気量になります。

エンジンの大きさが大きいということは、それだけガソリンを使用する量も多くなるので一般的には燃費が悪くなります。

しかし、プリウスは燃費にもかなり力を入れている車のなりますので、どのぐらいの差になるのかは後で紹介をしたいと思います。

グレードの種類を比較

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ルーミー:ガソリン車(ターボあり)

プリウス:ハイブリッド車

ルーミーとプリウスの基本的な違いとなりますが、ルーミーはガソリン車のみの展開に対して、プリウスはハイブリッド車のみの展開となっています。

当然一般的にはハイブリッド車の方が価格も高くなります。

乗車人数を比較

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミー:5名

プリウス:5名

ルーミーもプリウスも同じ5人乗りの車となります。

そうなると車内のサイズもそこまでの大きな違いにはならないかもしれませんが、ルーミーは『5人乗りミニバン』とも言われていますので、どのぐらいの広さの違いがあるのでしょうか。

これも後で紹介をしていきます。

スポンサーリンク

ルーミーとプリウスの違いを比較!価格はどれだけ違う?

引用:https://toyota.jp/roomy/

それではルーミーとプリウスの基本的な違いを抑えたところで、更に気になる細かい違いを比較していきたいと思います。

まず最初に多くに人が気になる価格です。

どんなに欲しい車でも価格で購入できるかどうかは変わってきますし、比較をする際には価格なりの価値がある車かどうかも重要ですね。

ルーミーとプリウスの新車価格は?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆ルーミーの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
カスタムG-T (ターボ) 2,002,000円
カスタムG 1,870,000円 2,046,000円
G-T (ターボ) 1,837,000円
G 1,716,000円 1,892,000円
X“S” 1,556,500円 1,732,500円
X 1,490,500円 1,666,500円
G”Cozy Edition” 1,762,200円 1,938,200円


◆プリウスの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
Aプレミアム“ツーリングセレクション” 3,345,100円 3,543,100円
Aプレミアム 3,234,000円 3,432,000円
A“ツーリングセレクション” 3,062,400円 3,260,400円
A 2,895,200円 3,093,200円
S“ツーリングセレクション”  2,783,000円 2,981,000円
S 2,612,500円 2,810,500円
E 2,565,200円

ルーミーとプリウスの価格帯を見ていきますと

ルーミー:149万円~200万円

プリウス:256万円~355万円

と、価格帯は全く変わってきますね。

排気量やハイブリッド車であることもあり、プリウスの方が価格で言うと断然高くなります。

ルーミーとプリウスの他の比較項目を見てみて、この価格差が価値があるのかどうかといった視点でも見てもらえるといいかと思います。

ルーミーとプリウスの中古車価格相場は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

続いては中古車の価格相場の比較をなります。

ルーミー:117万円~286万円

プリウス:115万円~359万円(2015年以降モデル)

ルーミーもプリウスも人気車種のため、そこまで大幅に中古車の価格相場としても下がることはなく価値が維持できています。

 

あなたの愛車が最高額で売れる!

⇒愛車の最高額を無料で確認する⇐

ルーミーとプリウスの違いを比較!燃費は違う?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

続いてルーミーとプリウスの燃費を比較していきます。

プリウスと言えば燃費の良い車というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

ルーミー(ガソリン車)とプリウス(ハイブリッド車)の違いもあり、排気量も全く違うルーミーとプリウスだけに、どのぐらい燃費が違うのかも気になりますね。

カタログ燃費と実燃費で比較をしました。

ルーミーとプリウスのカタログ燃費は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆ルーミーのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD ターボ(2WD) ターボ(4WD)
ルーミー 24.6km/L 22.0km/L 21.8km/L

◆プリウスのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD 4WD
プリウス 37.2km/L 34.0km/L

カタログ燃費を比較するとわかる通り、さすがプリウスといった感じですね。

あれだけの排気量の差があっても、カタログ燃費では圧倒的な燃費の良さを出しています。

では実際の燃費についても比較をしていきます。

ルーミーとプリウスの実燃費は?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆ルーミーの実際の燃費

実燃費 2WD 4WD ターボ(2WD) ターボ(4WD)
ルーミー 16.6km/L 15.1km/L 14.7km/L

◆プリウスの実際の燃費

実燃費 2WD 4WD
プリウス 25.6km/L 23.2km/L

やはり実際の燃費についても、プリウスの方が燃費は良くなります。

実燃費は道路の状況や運転の仕方、環境によって差がありますので、あくまでも今回の数値は参考までの数値にはなります。

実燃費を比較すると、

2WD:9km/L

4WD:8.1km/L

の差になります。

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

この差がどのぐらいの維持費に影響してくるかというと、地域によってガソリンに値段は変わってきますが、1Lを140円と計算した場合、1ヶ月に1,000㎞走る人だと、

1ヶ月に約3,000円の違いになります。

この3,000円の違いが本体価格と比較をしてどのぐらい得になるのかということになりますね。

燃費だけの比較で考えた場合、走行距離が多い人にとってはハイブリッド車の方がお得になる場合もありますし、実はそこまでお得にはならない場合もあります。

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ちなみに先程の計算で1ヶ月で3,000円の違いと条件で計算した場合、ルーミーとプリウスの一番安いグレードの価格差が約100万円になりますので、

333ヶ月=約28年

乗らないと元が取れない計算にもなります。

まああくまでも1ヶ月3,000円の差という条件の基による計算ですので、もっと走行距離のある人や、ガソリンの価格によっても変わってはきます。

参考:ルーミーの燃費をライバル車と比較

スポンサーリンク

ルーミーとプリウスの違いを比較!大きさ(サイズ)は?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

続いてはルーミーとプリウスのサイズについても比較をしていきます。

特にルーミーの購入を検討している人は室内のサイズや快適さも気になる人が多いようです。

そこで、外回りのサイズと室内のサイズを比較しながら見ていきましょう。

ルーミーとプリウスの外観サイズの違いは?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
ルーミー 3,700mm 1,670mm 1,735mm
プリウス 4,575mm 1,760mm 1,470mm

長さと横幅についてはプリウスの方が大きくなります。

しかし高さについてはルーミーの方が高くなります。

ルーミーとプリウスの最小回転半径は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミー:4.6m

プリウス:5.1m

そして外観サイズの大きさの影響あり、最小回転半径はルーミーの方が小さくなります。

最小回転半径は小さいほうが、それだけ小回りの効く車ということになりますので、ルーミーの方が狭い路地やUターンなんかをする運転には適しているということになりますね。

ルーミーとプリウスの車内サイズの違いは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
ルーミー 2,180mm 1,480mm 1,355mm
プリウス 2,110mm 1,490mm 1,195mm

室内のサイズを比較すると

長さ:ルーミー

横幅:プリウス

高さ:ルーミー

と全体的にみるとルーミーの方が室内空間の広さについては勝利と言えるでしょう。

やはり5人乗りミニバンと言われているだけあり、室内空間の確保には力を入れていることがわかります。

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ただし、快適さの中にはシートの硬さなども含まれているとするならば、ルーミーは値段相応のシートの快適さだと思ってもらってもいいですね。

ただし、シートの硬さの感覚は人によって違いますので、広さ以外にシートの快適さを重視したい人は、一度試乗をしてみることをおすすめします。

ルーミーとプリウスのタイヤサイズの違いは?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ルーミー:165/65R/14

※グレードによって15インチあり

プリウス:215/45R/17・195/65R/15

タイヤサイズはルーミーが14インチが標準となり、プリウスは15インチと17インチが標準となります。

タイヤのサイズのついては、ルーミーはバランスとしてちょっと小さいかなと個人的には感じでいます。

プリウスはグレードによって違いますので、購入時にはその辺もしっかりと知っておいたほうがいいでしょう。

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

またタイヤサイズをインチアップすることで、手軽なカスタムも可能になります。

ルーミーもプリウスも人気の車だけに、結構街でも多く見かけます。

ちょっとでも人と違った車にしてみたいという人や、カスタムに興味があるという人は、タイヤサイズのインチアップもおすすめですね。

車の印象が一気に変わります。

参考:ルーミーのタイヤインチアップはどのぐらい可能?

ルーミーとプリウスの収納力の違いは?

続いてルーミーとプリウスの収納力も比較をしていきます。

やはり収納力での比較となると、ルーミーの方が有利にはあります。

ただしシートアレンジでプリウスもそれなりの荷物を積むことができますので、ここでは写真で紹介をしていきます。

◆ルーミーの収納力

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆プリウスの収納力

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

参考:ルーミーで車中泊をしてみた感想紹介

ルーミーとプリウスの違いを比較!見た目の違いは?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーとプリウスは基本的に見た目の違いは明らかにわかるのですが、ここでは更に細かくフロントとリアに違いを比較していきます。

ルーミーとプリウスのフロントの違いを比較

◆ルーミーのフロント

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆プリウスのフロント

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ルーミーとプリウスのフロントを比較すると、

ルーミーは重厚感のあるフロント

プリウスはスポーティなフロント

といったイメージがあります。

一般的にスポーティなデザインをしていると、若い男性を中心に人気があつまりますが、プリウスは年齢層問わずに、幅広く人気があるということで、広い年代に受けの良いデザインになっています。

◆ルーミーのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/roomy/

◆プリウスのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

やはりルーミーの重厚感や、プリウスのスポーティさが出ているのは、ヘッドライトの形の影響も強いですね。

◆ルーミーのリア(後ろ)

◆プリウスのリア(後ろ)

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

やはりリアについても、ルーミーはメッキが使われていたりと重厚感があります。(グレードによってはメッキがないものもあります)

そしてプリウスはリアのブレーキランプも含めてシャープなデザインになっています。

スポンサーリンク

ルーミーとプリウスの違いを比較!色の種類(カラーバリエーション)は?

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーとプリウスのカラーバリエーションも見ていきましょう。

◆ルーミー(14種類)

単色:9種類

ツートーン:5種類

合計で14種類の色から選ぶことができます。

参考:ルーミーの全色紹介

◆プリウス(9種類)

単色:9種類

プリウスのカラーバリエーション紹介

◆スーパーホワイトⅡ

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆スティールブロンドメタリック

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆グレーメタリック

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆アティチュードブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆ブルーメタリック

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆エモーショナルレッドⅡ

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

◆サーモテクトライムグリーン

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

参考:ルーミーの全色紹介

ルーミーとプリウスの違いを比較!人気とイメージ(CM)は?

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

2017年4月~2018年3月の販売台数順位を比較すると

ルーミー :19位

プリウス :2位

やはりトヨタを代表する車だけあり、プリウスの人気は凄まじいですね。

またルーミーも多くの車がある中での19位ですので、結構ランキングは高くなります。

ちなみにルーミーとプリウスの実際の販売台数では、

ルーミー:79,247台

プリウス:149,083台

が販売をされています。

人気が高いということは、それだけ中古車として売りたい時にも高く買い取ってくれる可能性も高くなります。

参考:ルーミーのグレード別買取価格相場は?

ルーミーとプリウスのCMは?

ではルーミーとプリウスのCMもみてみましょう。

◆ルーミーのCM

◆プリウスのCM

CMを比較していくとその車が何をアピールしたいのか、どういったターゲット層を対象にしているのかがわかりますよね。

ルーミーはやはりファミリー層と室内空間の広さをアピールしたCMになっています。

プリウスはハイブリッド車のエコであることと、デザインをアピールしている印象がありました。

それぞれでコンセプトがあるんですね。

ルーミーとプリウスの違いを比較!どっちがいい?まとめ

引用:https://toyota.jp/prius/?padid=ag341_from_prius_navi_top

ここまでルーミーとプリウスを様々な視点で比較してきましたが、いかがだったでしょうか。

もう一度まとめますと、

・排気量はプリウス方が多い

・価格は100万円~150万円プリウスが高い

・燃費はプリウスの方が良い

・室内の広さはルーミーの方が広い

といった感じでしょうか。

見た目については人それぞれで好みがあるので、他の観点で比較をすると

・室内空間の広さを重視するならルーミー

・走り心地を重視するならプリウス

・経済的な面を考えるならルーミー

になります。

特に3番目の経済面ですが、一見ハイブリッド車で燃費の良いプリウスの方がお得な感じもしますが、やはり本体価格と燃費の差を計算した時には、ルーミーの方は結果的にはお得になります。

エコカー減税などもありますが、やはりルーミーの方がお得になります。

その他の、乗り心地などについてはこれも個人差があるので、一度試乗をしてみることをおすすめします。

 

⇒知らなきゃ損!?愛車の最高額確認はコチラ

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

愛車を最高額で売り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
大手買取会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

1社だけの査定だと比較業者がいないので
最安値の買取額が掲示されることもあり
あなたが損をする可能性も⁉

だから絶対に一括査定で業者同士に
競ってもらう事で買取価格も上がるのです!

スマホOK♪ 入力45秒♪ 査定無料♪♪

↓↓完全無料で愛車の最高額を無料診断↓↓

スポンサーリンク