ルーミーのアクセサリー、ソケットおすすめ!電源、ソケットの人気はこれ?その他おすすめパーツも紹介!

ルーミーのアクセサリー、ソケットおすすめ!電源、ソケットの人気はこれ?その他おすすめパーツも紹介!

トヨタ・ルーミーの外観以外にも電源やソケットのアクセサリーが気になるという人も多いのではないでしょうか?

実際、電源やソケットのアクセサリーを活用するだけで、車内での便利さや、車内の豪華さも全然違ってきますよね。

この記事では、内装イルミネーションやアクセサリーソケットとシガーソケットの違いをまとめています。

また、ソケットの重要性やアクセサリーのおすすめや、その他のおすすめパーツまとめているので、是非参考にしていただければと思います。

ルーミーおすすめアクセサリー!電源を変えて内装を豪華に!?

ここでは、内装を豪華にする為の人気のおすすめイルミネーションを3つ紹介します。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/1619809/car/1…

人気おすすめアクセサリー①インテリアイルミネーション(2モードタイプ)

まず1つ目に紹介する物は「インテリアイルミネーション(2モードタイプ)」です。

引用:https://toyota.jp/roomy/accessories/interior/

フロント・リヤのセットです。ドアオープン時にブルーまたはホワイトの光が足元を照らしてくれます。

ドアクローズ後、ルームランプと同時に消灯します。

夜間は、スモールランプに連動して淡く点灯し続けます。

カラーは、ブルーとホワイトです。

トヨタオリジナルは、ブルーとホワイトを進めていますが、私はブルーを付けています。

自分の好みに合わせたインテリアイルミネーションにする事で、より一層夜間の運転が楽しくなると思います。

少し派手にいきたい場合は、ピンク色なんかもあります。

ファミリー層というよりは若い世代に人気ですが、様々な色を楽しむことができます。

人気おすすめアクセサリー②フロアトレイイルミネーション

次に紹介する物は「フロアトレイイルミネーション」です。

引用:https://toyota.jp/roomy/accessories/interior/

2本のブルーラインがスタイリッシュなインテリアイルミネーションになっています。

ヘッドランプスイッチに連動し、センサーフロアトレイを青色LEDで照らし出します。

専用のスイッチ付きです。

こちらも、ブルーはトヨタオリジナルですが、様々なカラーの変更ができるので、自分好みのフロアトレイイルミネーションにできます。

個人的には、ホワイトが割とシンプルでおすすめです。

これがあるのとないのとでは車内の雰囲気は全く変わってきます。

もちろん個人の好みはありますが、車内にアクセントが欲しいという人にはおすすめです。

人気おすすめアクセサリー③ドアハンドル&ポケットイルミネーション

次に紹介する物は「ドアハンドル&ポケットイルミネーション」です。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/1321829/car/9…

イグニッションONで運転席・助手席のドアハンドル、ドアポケット部をブルーまたはホワイトの光でライトアップできます。

イグニッションOFF時にも残光機能を持っています。

こちらも、トヨタオリジナルはブルーとホワイトをおすすめしていますが、自分好みの色へ変更する事ができます。

ちなみにブルーとホワイト系だと、大人の高級感漂う車に変身をします。

ルーミー、アクセサリーソケットは重要?

引用:https://toyota.jp/roomy/interior/comfort/

まず、アクセサリーソケットの重要性を説明する前にシガーソケットとの違いを説明します。

意外とアクセサリーソケットとシガーソケットの違いが分かっていない人も多いようです。

アクセサリーソケットとシガーソケットの違いの分かる方は、飛ばして読んでください。

アクセサリーソケットとシガーソケットの違い

引用:https://toyota.jp/roomy/

アクセサリーソケットは、スマホを充電する際やポータブルナビなど、ソケットに接続するタイプの物を使用する際に使う物なので、耐熱性がありません。

シガーソケットは、点火に使用します。

最近では車内で喫煙する方が少ないのでオプションとして付けるようですが、車内で喫煙する際、ライターの代わりに使用するので、耐熱性があります。

基本的に通電することは一緒です。

アクセサリーソケットの重要性

引用:https://toyota.jp/roomy/

さて、本題に入りましょう。

ここでは、アクセサリーソケットの重要性の説明をします。

ルーミーのアクセサリーソケットは、カスタムG-T、カスタムG”S”、カスタムGはフロントとデッキサイド(右側)に標準装備されています。

その他のグレードはフロントのみに標準装備されています。

アクセサリーソケットは、スマホの充電やデジカメの充電、ポータブルナビなど様々な用途で便利に使用できるので、私は重要だと思います。

ルーミーのアクセサリーソケットは12Vなので、12V専用の電気用品が使えます。

例えば、掃除機やドライヤー、冷蔵庫に扇風機、加湿器に電気ケトルなどです。

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーに乗る人は、荷物が多く積めるので、キャンプへ行く方も多いようです。

そんな時にキャンプ場で電気ケトルでお湯を沸かしたり、冷蔵庫で食材や飲み物を冷やすなど、様々な用途で使用できます。

また、近年多い災害の際、どうしても非常食がカップ麺などになる事が多い中で、車でお湯を沸かす事ができるのは、人の為にも役立ちますね。

ただし、ここ注意したいのは、これらの電気器具を使う際は、アクセサリーソケットに接続できるコンセントを購入しなければなりません。

引用:https://item.rakuten.co.jp/arjan/ad-inverter-cigar…

しかし、このコンセントさえあれば、様々な用途で使用できるので便利ですね。

車中泊をしたい時も、車中でライトをつけたりするにも大変便利です。

【トヨタ・ルーミー】車中泊は可能か?マットは必要?後部座席や荷室容量を紹介!

ルーミー、アクセサリーおすすめその他のパーツはこれ!

引用:https://toyota.jp/roomy/

ルーミーはスタイリッシュなコンパクトカーなので、アクセサリーを装備する事で、

服装をコーディネートする感覚で自分好みの車に変える事ができます。

ここからは、外装部分の人気おすすめアクセサリーを紹介します。

プレミアムパッケージ

まず初めにおすすめする物は、ルーミーのフロントとサイドの外観をグレードアップさせる人気おすすめアクセサリーです。

セットでお得な物となっています。

価格は全てのセット内容の金額は、104,544円になります。

それぞれを単品で購入すると、111,240円になるので、できればセットでの購入をおすすめします。

ではそれぞれの紹介をしていきます。

グリルガーニッシュ(メッキ)

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/suzukimotors-do…

車体の前の部分は車の顔とも言えるので、グリルガーニッシュを装備する事で印象は、変わってきます。

単品で購入する場合の値段は、27,000円になります。

写真だけを見ると、そこまで目立たないのですが、実物はメッキがあることで、結構変わってきます。

ボディカラーによっても見栄えは違いますが、ブラックのボディカラーだとかなり目立つ感じになります。

ロアグリルガーニッシュ(メッキ)

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/suzukimotors-do…

ロアグリルガーニッシュもグリルガーニッシュと同様、車体の顔の部分となるので、装備する事で、変わった印象になります。

やはりブラック系のボディカラーにはインパクト絶大です。

単品で購入する場合の値段は、28,080円になります。

ドアミラーカバーガーニッシュ

引用:https://item.rakuten.co.jp/suzukimotors/rmty003/

あまり目立たない部分ではありますが、ドアミラーカバーを変える事で、少し違う雰囲気になります。

カラーはメッキとスモークメッキの2色になります。

私のおすすめはスモークメッキです。

メッキより少しくすんだ色になるので、傷が付いたときに目立ちにくいです。

ただ、メッキにすると光るので見栄えは良い気がします。

だから、これはおすすめというより好みの問題ですね。

サイドガーニッシュ(メッキ)

 

引用:https://item.rakuten.co.jp/atv-yours/yh801-3456/

サイドガーニッシュは、「装備しない方がシンプルでかっこいい!」という方も多いようです。

ですが、私は前をパーツで揃えるなら横も揃えて装備しても良いと思います。

単品で購入する場合の値段は、43,200円になります。

ルーミーは正面から見ると高級感があるのですが、横からだと軽自動車っぽいという意見も多いようです。

そんな時に、このサイドガーニッシュを装着するとイメージも変わりますね。

リヤスタイリングセット

続いては車体の前の装備品のセットがあれば、後ろのセットもあります。

全てのセット内容の値段は、71,064円になります。

単品で揃える場合は、75,600円になるので、セットでの購入をおすすめ致します。

セット内容は、下記のものになります。

バックドアガーニッシュ(メッキ)

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d3129…

車の正面をメッキで揃えるなら、後ろもメッキで揃えたいですよね。

後ろの下の方になるのであまり目立たないかもしれませんが、装備してあるか、していないのかでは、変わってきます。

この記事の初めにも言いましたが、服をコーディネートする感じで考えて頂きたいので、バランス良く揃えたいですね。

単品で購入する場合の値段は、27,000円になります。

リヤリフレクターガーニッシュ(メッキ)

引用:https://item.rakuten.co.jp/suzukimotors/rmty010/

こちらも、下の方になるのであまり目立たないですが、装備している方が、スタイリッシュな感じに見えます。

小さな事ですが、バランスを考えるとやはり必要なのではと思います。

単品で購入する場合の値段は、21,600円になります。

ちなみに私も信号待ちをしている時に、これを装着している車を見かけましたが、通常のルーミーとは一味違ったイメージは持てますね。

リヤライセンスガーニッシュ(メッキ)

引用:https://item.rakuten.co.jp/deal-flow/roomy-05/

リヤライセンスガーニッシュは、装備をおすすめします。

装備していないと、エンブレムの周りが少し寂しい感じになります。

シンプルが良いという方は、装備しなくて充分だと思われると思います。

単品で購入する場合の値段は、27,000円になります。

※ルーミーのカスタムグレードには標準装備となっています。

 

外装のアクセサリーは、自分好みにもよりますが、あまり派手にするとルーミーの良さがなくなってしまう気がするので、程よい装飾がいいと思われます。

ルーミーのアクセサリー(電源・ソケット)まとめ

引用:https://toyota.jp/roomy/

ここまでトヨタ・ルーミーの人気おすすめアクセサリーとして電源やソケット、外観のアクセサリーについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アクセサリーですので、標準装備にもう少しアクセントがほしい人や、他の人と違う自分だけの車にしたいという人におすすめです。

また、アクセサリソケットは電源を使用することで便利さが格段にあがり、車内で過ごす時間も楽しくなるのではないでしょうか?

是非参考にしていただければと思います。

>>愛車最高額を確認してみる<<

車の買い替えで損をしていませんか?

車を買い替えたいと考えている時に、当たり前に下取りをしようと考えていませんか?

実はその行動はめちゃくちゃ損をします!

ディーラーが下取りをすすめる理由は?

よ~く考えてみてください!

ディーラーはなぜ新車購入の際に下取りをすすめるのでしょうか?

それはディーラーが得をするからです!

普通に考えて自分が損をすることをわざわざすすめたりはしないですよね。

それと同じで、下取りをすることはディーラーにとってはお得なことが満載なのです。

ディーラーがお得ということは、売る側は損をしている可能性は高いのです。

仮にディーラーが好条件での下取り価格を出してきた場合も、よくよく見ると、新車の値引き額と上手く調整をして

一見、下取り価格を高く見せるようにしている場合も当たり前にあります。

下取りで損をしないために事前にやっておく超簡単な方法とは?

下取りで損をしないために事前にやっておくべきことは、とても簡単です!

インターネットの一括査定サイトで自分の愛車の本当の買い取り価格を知っておくだけなんです。

約1分で入力ができて、しかも無料で診断ができるんです。

>>一括査定公式サイトをみてみる<<


この一括査定は最大10社が愛車の買取価格を出してくれるので、当然一番高い買取価格を知ることがすぐにできます。

その買取価格を知ってから、ディーラーに行くことが愛車を高く売る裏ワザになります。

下取りと買取でどちらがお得か交渉をする

ここまでくればあとは交渉をするだけです。

ディーラーでの下取り価格を提示されたら、

「買取では○○万円でした。」

と必ず伝えてみてください。

それによってディーラーの対応は変わってくるでしょう。

そして、下取りと買取の価格を比較していただき、より高く売れるほうに愛車を売却すればいいだけなんです!

インターネットを使った一括査定はとにかく早く、お得にすすめることができるので、とてもおすすめです!

何も考えずにディーラーで下取りをお願いすると、とにかく損をすることばかりですので、まずはあなたの愛車の本当の買取価格を無料で知ることから始めてみてください!

>>一括査定公式サイトをみてみる<<